にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

このままでは愛せないガラケー

今はソフトバンクガラケーホワイトプランで使っている。ホワイトプランはもう販売は終了しているプランだが、ガラケーのままであればホワイトプランの継続でことは済む。私の使っている機種はAQUOSケータイだが、妻はAQUOSケータイ2に、そして新モデルのAQUOSケータイ3が昨日から発売となった。私は第1世代でも満足はしているのだが、何せ古い3G回線対応のW-CDMAの通信方式なので、そのうちサポートが打ち切られる。このところソフトバンクでもそうだが世の中はスマホへの移行を拒むガラケーユーザーに冷たい印象を受ける。サポートのなくなる迄に新たな機種変更買い替えキャンペーンが出るかは期待薄。今回の新モデルが魅力的な大幅な変更ならば機種変更も考えたのだが、3世代目といえども、2世代目とスペック的にはほとんど同じであり、残念ながらこれでは問題外、ソフトバンクにはぜひ頑張って欲しいと願う。f:id:Miketoy:20190411185719j:image 

Softbank 601SH AQUOS ケータイ2 ライトグリ-ン Green [白ロム]SoftBank AQUOS ケータイ2 601SH ピンクスキンシール AQUOS ケータイ3 805SH / 806SH (前面・背面セット) 【カーボン調・ホワイト】

機種変更をいずれするのは自然なのだが、ガラケーにも関わらずスマホへの買替価格より高い。端末価格は 47,520円、そこまで払うほどガラケーを愛してはいない(笑)。ソフトバンクでは、高い月額プランしかないから問題外。楽天モバイルSIMフリースマホ端末の中でシャープのAQUOSセンスライトなら端末代が6780円、月額プランも1250円で機能的にも十分に魅力なので乗り換える予定である。外国製端末が多い中で、シャープは外資になったもののAQUOSでは国産的な安心感があり有力候補だ。

f:id:Miketoy:20190413061340j:image

もう一つの選択肢は、妻はスマホに変えたがっているのだが、その時にピンクのお古のAQUOS2をもらいホワイトプランを継続するかである(男がピンクのケータイを使っているとすれば少し恥ずかしいだろうが(笑))。ともかくこのままではガラケーは愛せない、やはり消滅していくだろうなと思う。