にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

知事、市長の給与が公開

Kagawa Prefectural Office Building

今日の新聞に国会議員や知事の所得公開データが載っていた。今まで、他人の給料にまではあまり注目をしてはいなかったのだが、今回の機会に見比べてみた。私の住む高松の大西秀人市長は給与所得に注目すると1558万円のようだ。市民に直接接する最前線の首長として良くやっていると思う。だから意外と少ない市長の給与という印象を持った。

香川県の濱田恵造知事の給与所得は1948万円、全国平均よりやや多いかなという額だが、他地域も出ていたが、どこの知事も似たようなものであった。その中で突出しているのが、東京都の小池知事が1253万円で最安でびっくりだ。自ら都知事の給与削減を提案したものの千葉や神奈川の県知事の半分である。これで都知事の仕事をこなすのは大変だろうなと思う。他人事ながら、次の後継者に適当な人が就いてくれるか心配になる。

私の経験してきたイメージでは、県庁というところは、手堅いもののありきたりなことばかり言う役所てな感じであまり面白くない。国と市の間に県庁は入って、ルールを頑なに守り、書類を横に回すだけという感がある(実際は市のやらない残りの部分をこなしているのかもしれない)。会社でも、スタッフ部門はそういった傾向にある。お客さんを見ようとしないで、社内のうけばかりを狙い、リスクを負わず、建前ばかりで、それはルールだからできないと言って、拒絶する内向き志向なことが多い気がする。市役所窓口や会社の営業マンなどでは第一線に位置し、何かとお客さんに接していると、そんなネガティブなことばかりでは済まされない。私が今まで接してきた範囲では県庁の仕事に対して正しいかどうかわからないが、そんな風に思ってしまう。

 

また、県知事といえども、ほぼ国会議員並みの給与だ。知事から国会議員へ変わる人を見ると不思議にも思っていたが、存在感は別として給料的には類似しているのだった。一方で、議員間では微妙な差異はあるものの、バラツキは少ない。国会議員給与は年功序列がなく比較的に民主的なのだねとも思った。