にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

管理人へ付け届けをすべき?

マンション管理人をしている。と同時に、私も別のマンションの入居者である。転居してきた時に、これからお世話になるだろうから心証をよくしようと管理人さんに心づけを渡した。と言っても私の旧地の地元のお菓子を少々である。

マンション管理人の立場としては、職業倫理として、付け届けの有無、してもらったからする、してもらっていないからしないという不公平があるのは戒められること。仕事をしていると、グレイエリアは当然あるので、共用部分の掃除にしても、本来の範囲外の専用部分まで特別サービスを・・と思わないわけではないが、サービスの度合いがそれにより異なっては公平性の原則に反する。管理人としては「する」のが仕事だ。

私も管理人の立場でもらったこと(貰い物だとか、実家で野菜がたくさん収穫できた等)は何度かある。今の仕事に就く前の派遣社員の代行勤務時は、もらわず固辞するように言われたから、それに従い、遠慮させていただいた。派遣元の独立系のマンション管理会社のマニュアルにもそう書いてあった。腐りやすいものは慈善団体へ寄付するなどは原則だが、一方で、派遣で汗をかいて掃除している時に、そのマンションの主のようなおばさんが冷たい果物を差し入れしてくれたことがある。これは断れなかった。1カ月後には去る派遣の人にまで・・という気持ちはとても有り難かった。気持ちに余裕のある人は、見返りの効果など期待していないだろう。でもあとあと問題になると困るので上司であるフロントに報告をしておいた。

それはともかく、今度は派遣ではなく常勤管理員であり、その物件に対するコミット度が著しく異なる場だ。管理会社も以前のそことは異なる。だから、上司にどう対応すべきか聞いてみた。すると、貰って良いのではないかと言われたので、それ以降貰うようにした。郷に入っては郷に従えである。少し意味が違うかも(笑)。

私が管理員だから言うわけではないが、(その気持ちが重要と思うので)迷うくらいなら渡した方が良いのではと思っている(笑)。

A gift