にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

暑さへの覚悟、あと40日我慢!

岡山たびきっぷで行く倉敷・四国の旅

今朝の新聞で知ったが、県庁所在地で降水量の一番多いのが高知市で、年間約2500ミリ、高松市は少ない方から2番目で年間約1100ミリと、同じ四国地方でもかなり違っている。今日も高松市は曇り、他の四国地域は雨マークのついた曇りである。週間予報でも、しばらく傘マークはないので、梅雨明け宣言はまだのようだが、いよいよ “高松の夏” が到来したのでは?という気もする。私にとっては3回目の夏になる。引越して来る前の、情報として知っていたのと、リアルで体感するのはやはり違う。平均気温が高く熱帯夜も続く覚悟を持つ必要がこれからはありそうだ。f:id:Miketoy:20190720070643j:imageでも、昨年と違い、先が見えてきた気はする。昨年は7月上旬から終わりの見えない猛暑日・熱帯夜続きでほとほと参った。今日から昨年のように夏休みの終わる8月末までが暑いとすると、あと40日、6週間、それならカウントダウンで我慢できそうだ。本音としては、夏をパスし、早く秋になって欲しい。植物達のためにも。

今年は、サーキュレーターファンを早々に導入し導入したものの、まだ本格的な活躍の場がない。でも、エアコンを含めてこれから活躍してくれることだろう。熱帯夜は最低気温が25度以上、室内ではプラス5度くらいになるので30度を超える。湿度も70%越えと高めである。この2晩はエアコンを夜通し回したが、それだと、夜中に寒くて目を覚ますと温度が25度台になっていたりする。いつも快適でかつ経済的な設定を試行錯誤するのだが、こうすれば良い!という設定ポイントが未だよくわからない。エアコンは、温度か湿度のセンサーを知り、人間が設計した制御器が対応した動作させる。冷房設定では温度にしか注目しない。除湿は湿度調整しかしない。でも実際の不快さは、その2変数の関係で決まる。そのメカニズムが解明されていないのでコントロールできないのだろう。一度、湿度70%かつ温度29度でキープすることは不可能なのかを、エアコン設計の技術者に聞いてみたいものである。