にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

始まると早く終わらないかと願うレッスン

ジムでエアロビクスを楽しんでいる。始めてから2年になる。身体を動かすことを左右対称でするためバランスの良いこと、また一つひとつの動作がはっきり明確なのが私の好みだ。この頃、初中級のエアロビクスのクラスに何とかついていけるようになった気がする。とは言え、もしかしたらインストラクターがクラスのレベルを下げたのではないかとも思い、聞いてみたら変えていないという。だとすると、私が上達したのだろうということで気分が良い。当初はついていけなくても、そのクラスにしがみついて毎週繰り返し練習していれば、そのインストラクターの好む動きも徐々に予想できるようになるので、そのうち何とかなると言えそう。自分には難しすぎと早々にリタイアし安住の地に戻るのは簡単だが、今は2つのやや程度が高い別のレッスンにも同様な心意気でチャレンジしている。

ウォーミングアップの基礎動作時はついていける。メインパートになると、色々な動きがどんどんと積み重なってくる。はじめの方で躓くと、なかなか後半で挽回しにくい。何かの拍子にあそうか!と後にできるようになる時もあり、その頻度も徐々に増えてきてはいるのだが。そのように楽しんでいるエアロビクスとはいえ、ブレークとなると、時計ばかりチラ見。あと15分も残っているとか、早く終わり解放されたいと心待ちになる。メインパートはもうすぐ終わりとなるとホッとする。居心地の悪い新しいクラスに参加時などは特にそうだが、クールダウンとなると、終わったようなものなのでまた楽しい。実際にプレーしている時よりも、終わった瞬間が一番嬉しいのだ。

学生時代の退屈な授業の時を思い出す。授業が始まった途端に、早く終わらないかなという心理(笑)。いや、退屈でない授業でもそうであったかな。ジムに感しても、行かない日と行く日を比べるならば、行かない日の方が嬉しい。本当の私は、それほどアクティブではなく、グータラな人間なのかも?と思う。

aerobics lessons