にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

リトモスとズンバ

リトモスはシンプルでダイナミックな動きを様々なダンスで大胆に表現し、音楽を身体で感じて楽しむレッスン。ズンバはラテン系エクササイズをベースに今までにない多様なムーブを実現することで高い脂肪燃焼効果を得られますとある。今通っているジムでは、エアロビクスやダンス系のスタジオレッスンが充実している。メガダンスやレズミルズ系のボディ〇〇の各種プログラムがあり、参加者も多いが、それぞれの違いがよくわからず、今まで参加していなかった。というのも、私は、エアロビクス*1だけで手一杯。日本で阿波踊りよさこい踊りがあるように諸国毎に存在する様々な “踊り” を楽しむことにそれほど関心はなかったからだ。

でもせっかくなので、このジムでは初めてで、数日前に一年ぶりにズンバのレッスンとリトモスに出てみた。面白かった。ズンバはリード無しの指差してやるのだったなあと思い出した。今回、何とかついていけたのが不思議、一年以上以上前の参加時は、途中からへろへろになっていた覚えがあり、ズンバはもうこりごりだと思っていた。知り合いでもないのに、近くの人とハイタッチしたりするのも嫌であった。ポツンと孤立している人は通常は見て見ぬ振りをされ孤立感を増すからだが、今はそんな頑なさが減ってきたからということもあると思う。度を越した疲れを感じたのは、ダンス系のボディジャムでも同様だったのだが、身体が不必要に強張っていて、力が変なところに入っていたせいだろう。今では、それらに参加しても疲れ具合は他のレッスンと変わらない程度。やはり、基本はエアロビクス。それがそこそこできるようになれば、どんなダンス系プログラムでも同様にこなせるのではないだろうか。たまにダンス系プログラムに参加するのは良いとしても、今後もエアロビクス中心で健康維持主目的でいきたい。

zumba dancers

*1:ケネス・H・クーパー(アメリカの運動生理学者)提唱の「有酸素運動」のプログラム