にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

会社との退職金ゲームは勝利した

Liberty Tyranny Money

ゲームはこちらの選択と相手の出方によるその顛末の組み合わせによって結果が決まる。

さて、私は会社員時代の企業年金を適格退職年金としてもらっている。私の第一ステージの会社員時代の退職金は、一時金でもらわずに終身年金で平滑化してもらう選択をしていた。その40代半ば退職した当時は税金や社会保険に関して疎かったとは思うが、借金やローン返済はなかったから、50歳から一時金でなく 100%年金として退職金相当をもらうオプションにしたのだった。終身年金だったから、第二ステージへの転職が叶わなかったとしたら、死ぬまでの老後はその程度のお金で細々と暮らさざるを得ないと思っていた。結果的にキャリアチェンジは成功したものの、先の見通しは暗く、不安は依然大きかった。

さて、この年金は私が死亡すると停止となる。今までに貰った累積金額は3600万円。15年分割で貰っていた退職金のようなものだ。実感がわかないまま消滅してしまった感もあるが、不動産や建物、子達への相続準備金で使い、痕跡は残っている。この損益分岐点は約15年間、ラフに言うと65歳の時がチェックポイントだったはずで、この会社との退職金ゲームに関しては、それ以上生きた私の勝ちということになる。相手が個人ではなく、システムで動いている会社だからか(愛社心はサラサラないこともある)罪悪感は全くないので、この勝利状態を可能な限り持続させたい。