にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

どういう時に休むかが優先順位

仕事の有給休暇が余っている。休暇残分が腐ってしまうのは避けたいということで3月末迄に3日分を消化する。

何事も優先順位が重要だとはよく言われることだが、本来は何らかの事案の衝突があったときには優先順位の高い事案が選ばれるはず。どういう時に休むか、その休む理由になるものが優先順位が高いと言えるのだろう。比較的、多くの私の時間を占めている契約社員としての『仕事』自体は、優先順位は高いものの一つ。休暇は年に12日で貴重ということもあり、特別な理由なく休みたくはない。では、休暇をとってしたい何かがあるか?ということになると疑問符がつく。午前中は仕事でも、午後の半日あれば大体は用は足せるので、休暇をとってまでの必要性はほとんどないと言えばない。

Priority!

先週はプライベートで『ジム』のエアロビのクラスに合わせて1日休暇を使った。通常は仕事とかち合う午前中のエアロビクスのクラスに出るためだった。常連の午後クラスには毎週通っているし、特別な理由なく休みたくない。そちらは仕事後のオフタイムでの活動なので休暇をとる必要はないが、時折の午前の参加クラスを今回のように休暇に充てる・・とまでなると、エアロビクスのクラスが優先順位は仕事より高い?と言えるかもしれない。一方で、常連クラスでない一回ポッキリのクラスでは何か締まらないアウェイ感がある。

以前の派遣社員の時はジムのクラスに合わせて特定の曜日の仕事は受けないという作戦でいたのだが、常勤となるとそうもいかない。そのたび毎に仕事を休むとなると少ない有給休暇はすぐに消えてしまうので困る。

エアロビ常連クラスでも、特別な理由で休むことはたまにある。それは『旅行』の時だ。頻度は2ヶ月に1回くらいだから、休暇消化にはちょうど良い程度だ。となると、旅行はジムより優先順位がより高いことになる。旅行に行くことは重要で、やっとやりくりして、お金も振り込んでとなると、“ちょっとやそっとのこと” では旅行キャンセルはしたくない。

その旅行だって、週末にかかり仕事への影響が及ばないよう、また連続休暇が長過ぎないよう考慮している。頻度とも関連するので単純に優先順位はつけられず、仕事、ジム、旅行の3つは互いに密接に絡み合っている。でも、基本線としては旅行のための仕事、旅行にいけるための健康な身体作りのためのジムと考えると、優先順位はすっきりする。

その重要な位置を占める旅行をキャンセルするとしたら、インフルエンザとかで自らの身体の持続に関わる時や、大切な人の生死が関わるような余程のことである。それらが、より優先順位の高いこととなる。どんなライフイベント(事案)が発生しようと、その種の辺りは、もう私は優先順位の整理がついているので迷いはない。

 

 ジム <  仕事 < 旅行 < 身内の一大事 < 自分の一大事