にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

時間があっても勉強や断捨離はしない

08/14/15 - the cheese platter of the century

私の住む香川県では今日から一部の県立学校で授業は再開である。この間に3か月と十分に時間はあったはずだが、子供たちは果たして勉強が進んだろうか。答え聞くまでもなく否であろう。教師は課題やプリントを配ったりのアリバイ作りはしただろうが、生徒の側からするならば、ほったらかしで勉強しなさいのお説教とそれら配布物だけでは勉強するはずがない。イージーな方に流れざるを得ないというものだ。

 

大人も同様だ。例えば、このコロナ自粛で時間のたっぷりあった時期、日頃は忙しい忙しいから資格を取るための勉強ができない、また断捨離をしたいけれど、十分な時間がないと言っていた人、その勉強は、また断捨離はできたろうか?部分的にはしたかもしれないが、同様に答えを聞くまでもない。

 

時間のある無しは直接的には関係しない。する人は、忙しかろうが暇であろうがするのだ。やりたくない人は色々と言い訳を考えて、先延ばしにするだけ。でもそれはそれで問題ないのだ。そんなに困っていないのだろうから。どうしてもそうせざるを得なくなったらするはず。性格(ライフスタイル)を変えると同じことである(笑)。

親は自分のできないことを子に期待してはいけない。蛙の子は蛙である(稀にトンビが鷹を生むこともあるが)。ご本人が学ぼうという気になり、かつ学び直しの機会も与え続けられていれば、いつか必ず取り戻せるはずと思う。夏休み短縮や土曜授業も検討されているが、別の弊害も併せて出てくるのは確実だろうが、先を見通すことはなかなかできにくいものである。