にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

メッセージがわかりにくい

コロナでお盆の帰省対応で揺れている。昨日の首相の記者会見でも帰省自粛は求めなかった。政府は産業の代表だから経済再生の取組重視で、そうなるのも無理はない。国民一人ひとりの事情など、(選挙時やマスコミ対応ではそういったポーズをとるとしても)思ったりしてはいないだろう。

自粛は求めないものの、帰省は感染予防は完璧にした上で・・ということがメッセージのようだ。メッセージをわかりやすく言うならば、自己責任でやってねという、新自由主義思想だろう。年寄りと接触する食事は注意せよとか、箸の上げ下ろしに言及するものではないとか、直感的にわかりにくい。論理が少し複雑、条件付き許可、理解できる人は少なくはないだろうが、理解できない人もいることを肝に銘じるべきだ。さもないと感染は拡大する。俺はそのように解釈はしていなかったとか言う人が、きっと出てくるだろう(その程度具合が国民の民度にも直結してもいる)。

前回のような一律の自粛要請や禁止条例の方がわかりやすさの点では勝る(それが望ましいと言っているわけではない)。

政府の今回の判断の遅れ、揺れは、収束したらどうしよう、収束しなかったらどうしよう、迷い迷って結論の先延ばしの顛末である。自信のなさ、迷いであろう。それを責めることはできないけれど。

 

昨日は広島原爆の日。政府の核禁止条約への署名、批准をしない論理も同様だ。私は説得力のある論理とは思えないが、一貫してその主張を言い続けるのならば、理解能力の乏しい人にも明確に理解できるようなメッセージで発しなくてはならないはず。

マスク着用の法律とか条例とか言うことをいうと、マスクのできない人はどうするとか、すぐに例外事項の人達が騒ぎ出す。少数派の意見に耳を傾けることはとても重要だが、問題はご本人というよりか、周囲の人の納得できる安心感があるかどうかである(この種のことで完全合意なんてありえない。最後は多数決で決め、法案となる)。

ともかく国民の理解不十分で感染拡大となれば、それは政府のコミュニケーション能力が不足していたことになる。果たして、今回のメッセージが国民全体に届いているかな?私は悲観的に思うけれど・・。

Message