にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

離れていく瞬間

昨夜、旧宅に到着した。高松空港も成田空港も多くの店が閉まっているし、人も少ないこともあるが、以前のような活気が感じられない気がした。コロナ禍でこれだけ航空便数が減ると、航空会社もリストラせざるを得ないだろう。ご多分にもれず、私が毎回利用するジェットスターも同様。一昨日のニュースでパイロットと客室乗務員の約600名を対象として、希望退職者の募集や無給の長期休暇の取得を提示しているらしい。大変だねえと思う。

一方でそれと同時に、国内線の片道のフライト料金が最安で500円となる「スーパースターセール」を開始。こういったセールをしておきながら、あとで便が欠航になったりするなら、もう無茶苦茶である。少し社は迷走しているのではないかとすら思う。

Jetstar

高松-成田便に乗るのは今回の往復で多分最後だ。飛行機代が安くなる「クラブジェットスター」の会員も、今月で辞めている。

もう今後は乗らないとなると、会社が今後どうなろうと、どうでも良くなってくる。

今住んでいるマンションも同様だ。もう来年にはいないから、定期総会のご案内や長期修繕計画のお知らせも来たが、もう私は知らない。毎年出席していた総会も欠席である。あとは残った人達でうまくやって欲しい。

 

私は今まで寄り添っていてくれたのが、途端に冷たくなる、遠くへ行っちゃった感があると言われたことがある。このような態度はジェットスターでもマンションでも同様にあり、本質的に冷たい人なのかもしれないが、それは過去と決別するために必要なことと思っている。