にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

荷物を減らすには引越が最も良い

4日前に搬出した荷物を昨日に旧宅にて受け入れた。

食器や調味料、洗剤クリーナーなどは、今滞在しているこちらにも十分に残っている(賞味期限切れだが(笑))ので、必要以上に持参しなくて良さそうだ。

次回運ぶ分を含めても、だらしなく散らかっていた収納物が全部、(戸建でもとから広いから)備付けの収納スペースの中に入りそう。これなら今後はスッキリと暮らせそうだ。今まで私は、このあたりの物品管理を妻の領分として、無頓着過ぎであった。今後は共同の作業として管理していこう。具体的に何かと言うと、食器、食品、寝具、衣類など(言わば全てである(笑))である。

荷物を減らすには定期的な引越をすると良いとどなたかが言っていたが、私も同感である。強制的に引越をせざるを得ない時には、自分の所持品をチェックするだろう。ただ何も考えずにそのまま箱詰めして運ぶのではなく、そういう点検管理が、時には必要なのだと思う。自覚が重要だ。

注意の必要なのは、終の住処となると不必要にモノを貯めていき無管理な傾向になりがちなこと。私も今度は終の住処であるので留意は必要だが。今回は以前ほど総量は減ってはいないのは、高松でのコンパクト生活に慣れて、トレーニングされてきたようなもの。そんな荷物は増やさない生活が無意識(オートマチックに)に維持できれば、今後あまり増えることはないはず。というのは、そもそも欲しいものがないし、捨てたいものもあまりなく、一定量だから。実際Amazon楽天で購入するのは、年間でも数点程度、(私の持ち分に限るが)断捨離は終えているので、今では捨てたゴミ量をことさら細かく量ってもいない。

Moving Day