にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

料理は楽しいが難しいな

今日からブログのカテゴリーに「キッチン仕事」を追加した。料理関連だけでなく冷蔵庫を含めたキッチンの収納問題を含めてこの分類とする。過去記事で明らかにこのカテゴリーのものは分類の見直しをし追って再編する予定。

さて、今週に作った料理。

  • コロコロ大根の炒めマーボーレタスの牛肉蒸し
  • 切り干し大根のチャプチェ風牛肉コチュジャン炒め
  • 堀江さんのシュウマイ
  • マロンジャム
  • うまみやっこ
  • 大根のしょうがうまみ酢漬け
  • 牛肉とこんにゃくのあっさり煮
  • 和風焼なす
  • たたきれんこんのそぼろ煮
  • れんこんちくわのチーズ焼き
  • 豆苗とかにかまの卵炒め

Fresh meat with spices

(写真はイメージで、私の作品ではありません)

初心者の私は今は料理作り楽しいのだが、一方で難しくも感じる。スーパーでいつも素通りであった各種調味料に興味津々で購入対象を見るようになった。価格の値頃感もわかるようになってきたものの、生鮮野菜や肉の良し悪しなどはよくわからないというのが率直なところ。

料理を作る上での問題は調味料や食材の分量だ。煮詰めると火が入り過ぎたり焦げたり、それをしないと煮汁などが残りがちだ。試行錯誤はしているものの、未だ調味料の具合はよくわからない。

この頃のレシピは2人前で書かれることも多くなり助かるが、古い本やマニュアルなどだと大家族想定の4人前が標準となる。1人前だけ作ることも多いし、料理は多少は不細工でもできたてが美味しいから、できれば1回、標準量で完結して残無しで済ませたい。加熱時間などは、基本料金と同じで1人前でも2人前でも4人前でも下ごしらえに同じくらいの労力が必要なことも多い。だから、電子レンジでの加熱時間や調味料の適量の判断は難しい。でも、これは多くの人々が同じように経験してきたように2/3くらいとみなし、あまり神経質になることもなさそうだ。

多く作るとスケールメリットがあり、一人あたりでは経済的なのは確かで、2人分あたりが経済的かどうかの微妙な判断ラインかもしれない。

それでも作り過ぎで翌日まで残すか、いっそのこと食べ尽くしてしまい過食になるかどちらかが多くなる。また、たくさん品数を作ると、それに伴い、脂肪や塩分は増えるので注意が必要だ。この頃は料理に目覚めてきているので、おやつのデザートも作ってしまうが、本来は生きていくためにはなくても良いはずの(あくまでオプションとしての)シロモノ。目の前にあれば食べしまうから、逆説的にあえて作らないことも必要かもしれない。総塩分量と脂、糖質を考慮して、原則は主菜と副菜の2品作りで済ませたい。

今日から2日間は出かけるので、料理作りはお休みとする。