にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

暑さ対策は2階避け1階暮らし

連日暑い日が続いている。昨日は内装リフォームで居室の壁紙を貼り直した。

違いがどのくらいあるかは不明だが、天井の壁紙は調湿は機能のあるものを選んだものが下記写真で見た目の違いはない。その2日前は前作業で古い壁紙を剥がす作業だけであった。エアコンは外しているので、昨日のような暑い日は現場労働者はとても辛く大変である。f:id:Miketoy:20210803174010j:image

現場人でなくても暑い時にわざわざ暑い場所に籠もり、そこでエアコン冷房をガンガンつけるのはは不合理である。同様に冬の寒い時期に、あえて寒い場所に籠もり暖房をつけるのと同じ関係といえるエネルギーの無駄遣いだ。

戸建ての我家の階の温度差は春秋に関してはさほどでもないが、夏の2階は屋根に熱気が溜まるから、平均すれば 33~34度近辺、一方で1階は 30度といったところ。夏では常時2~4度、冬は5~10度くらい1階の気温は低い。

エアコンの効率も良くないのこともあり、夏は1階で(そして冬は2階で)暮らせるようにというのが理にかなった暮らし方、それが今回のリフォームの目的の一つである。今年の夏はもう半分過ぎてしまいつつあるが、それでも後半いつまで続くかわからない残暑期間がある。

リフォームも終了あと一週間足らず、来週からは1階で暮らせるようになるので、調湿がどの程度の体感として感じられるか、それを味わう時がとても待ち遠しい。

ジムでの不注意忘れ物

Forgetful

私は忘れ物が多いとまでは言わないが、決して少なくもない。スポーツジムでの例を考えると、必須の「ウェア」を忘れたこともあるし(その時はレンタルを有料で借りた)、靴を、「水筒」を(熱中症を恐れて有料の水を購入したこともあるし、トイレの手洗い水で凌いだこともある)。「汗拭きタオル」もあるし、「入浴用タオル」もある(同時ではなかったので代替した)。着替えを忘れたこともある(その時はウェアのまま帰宅)。

わざわざ家にまで取りに帰ると気持ちが萎える。その足で行くのを辞めたこともある。時間が押していて気持ちが急いている時は、事故の元にもなるので参加は差し控えたい。

「ケイタイ」を置き忘れたことも、運転免許証の入った「サイフ」を忘れたこともある。ジムへの移動手段の「バイクの鍵」を紛失したか?といったこともある。

「会員カード」を忘れるということもあったが、それはどこかにあるものだし、会員になってさえいれば本人確認の登録時の連絡先を確認して臨時のカードを出してくれたりもする。

先日はおかしいな、なぜか軽いなとは感じていたのだが、それら一式の入った「リュック」自体を背負っていかなかった(笑)。

こんなふうに書くと、忘れんぼうやさんに思われるかもしれないが、それぞれ通算で一回だけだから、確率的には低い。

幸いなことは、忘れ物はいつも発見されたり何とかなっている。安全安心な国に住めているでことはとても喜ばしいことである。

 

妻はその種のミスの桁違いに少ない人であって敬意を表していた。でもこのところ多いような気がして、注意喚起のために指摘すると懸命な言い訳をする(笑)。

私とて述べたような忘れ率は確率的には世間並みだろうが、歳を重ねてその頻度は増えたかというと微増な程度か。夫婦でやっとエラーや忘れ率が均衡してきたということだろうか。

もっとも、その内容にもよる。私に関しては、絶対と言ってよいほどのことは間違えないことがある。それは人生のこだわりだ。それは何か?

 

それは・・・エコなことに関してである。それを怠ったときは、多分ボケたときであろう(笑)。

電気消費量7月比較での発見

f:id:Miketoy:20210731072230p:plain

上記グラフは、この 10年の我家の自家消費分も加味した電気消費量の比較である。(直近の 4年間は高松在住であり、その間は息子に今住んでいる家は貸していたので 2017-2020は考察の対象から外す)以前に私達の住んでいた2016年前と比べても2021年の電力消費量は 1~3割くらい減少している。7月の電力会社からの電気代の請求を見ても309kwhで料金的にも 5303円で、今月は比較してやけに少ないなと感じていた。エアコンは新機種に変えたものの、そんなに極端に差の出る訳でもないし、ライフスタイルは以前の時とほぼ同様なはずなのにも関わらず、こんなに差が出るのは不思議であった。

妻に聞くと、乾燥機を使わなくなったからではないかという。確かに梅雨のこの時期は洗濯物が通常の外干しでは乾かないので、乾燥機をかけることが多かった。

新しい洗濯機(東芝全自動電気洗濯機 AW-10SD8)を購入して、それには部屋干し風乾燥コースという洗濯・脱水槽の高速回転により湿った空気を洗濯槽外に排気して洗濯物から水分を飛ばす脱水強化(時間は約30分増)の機能がある。それを使うようにしているとのことで、曇りの天候でも乾燥機を使わないでもほぼ済むようだ。それがこの間の差と推測できた。

それまで使っていた浴室換気・乾燥・暖房機(Dry Fan24)は電力を多く使用するし、昼間時間帯なこともあり割高な電気代にもなり、あまり良いことはない。それにて今年の電気消費量の少ない事実に合点がいったのである。

このようにグラフの凹凸変化の真の原因と思われることが突き詰められると、(私のように理屈好きの人間にとっては)不全感か残りフラストレーションのわいたままにならずにすみ、腑に落ちる感があり嬉しい。