にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

エコ

冷蔵庫は月600円、IH調理は800円等

エアコンや給湯のような大物の月々の電力消費は押さえているのだが、細々とした項目までは検証はしていなかった。十年近く前も似たような試みをしたことはあるが、当時は基となるデータが目視でしか入手できなかったことや知識や道具不足もあり、今から見れ…

電気自動車の燃費

東京電力のメルマガで情報が来る。最近の1つが下記だ。 電気自動車のほうがガソリン車より燃費は良いのだろうなと想像はしていたが、計算したことはなかった。その記事にある本文から引用すると 〈図〉(比較条件)ガソリン代と電気代の価格例 これらの条件…

生存確認に役立つ

下記グラフは我家の9月の1か月間の日々の電力消費推移である。 24日は操作ミスで、一時的に上昇したが、その後は似たような形で日々4kwh付近を変動している。それだけだと「自動での湯上げ」があるから適正かどうかはわかりにくいのだが、次の1日の日中で…

9月電気代 2826円で驚き

天然ガスの価格が高騰し、光熱費の値上がりしているようだ。我家はその影響は受けず、昨日の月末会計記事で示した 9月分の電気代の請求額は 2826円と光熱費はとても安く済んだので驚いた。 下記は今年初めからの東京電力からの月別の請求対象電力使用量であ…

数値目標だけではダメ

家計の収支は お金という尺度で把握される。企業業績も財務諸表で把握できることと同じで、その家庭版のようなものである。私は月末にオープンに出費を明らかにしているが、それと同じことがエネルギー収支に関しても言える。地球に優しいか客観的に把握する…

うちエコ診断優等生

リフォームしたこの家の「うちエコ診断」をZoomにてしてもらうことになっている。うちエコ診断とは次に示すものとされる。 ご家庭の年間エネルギー使用量や光熱水費などの情報をもとに、専用のソフトを使って、お住まいの気候やご家庭のライフスタイルに合わ…

マンションと戸建の電気消費比較

昨年まで住んでいたマンションでの電気使用量は今頃の季節の1日では下記のように約 7kwh以上を消費していた(年によってその地域の暑さは大きく変動するので一般論ではない 言わば1つの事例研究)。 私はいつも夜明け前の3時から4時くらいに起き、電灯をつ…

売電大統領

アメリカのバイデン大統領は、前任大統領と比べ、うまくやっていると思う。グリーン推進の立場でもあるので、太陽光発電システムを導入している身では バイデン大統領と聞く度に 売電のことを思い出す(笑)。売電もバイデン、買電もバイデンだ(笑)。 我屋も太…

8月電気代は質的変化を伴う

8月の東京電力からの知らされた電気使用量は 207kwh、その電気代としては 4086円と、以前と比べて大幅に低くなっていた。質的変化を伴う過渡的な時期になっていたと思う。その8月の自家発電分を含めた総消費量(単位はKwh)のこの10年の推移を棒グラフで示し…

内窓補助金で6万円戻る

1昨日に市の補助金申請の実施報告書を提出に行った。受理されたので、これにてリフォームでの4窓分の内窓(二重窓)の一連の補助金申請事務作業は完了し、あとはその補助金 64600円が振り込まれるのを待つばかりとなった。 4年前に高松マンションで内窓工事…

エコキュート効果が判明

給湯をエコキュート方式にしてから1週間経った。この間の給湯の日別の推移と時間帯別推移の実績をグラフで整理し分析したものが今回の記事であるが、今後の推移もあるので、まだ判明したとまでは言い切れず、しつつあるというレベルだろう。 今の時期だと、…

ジムでの不注意忘れ物

私は忘れ物が多いとまでは言わないが、決して少なくもない。スポーツジムでの例を考えると、必須の「ウェア」を忘れたこともあるし(その時はレンタルを有料で借りた)、靴を、「水筒」を(熱中症を恐れて有料の水を購入したこともあるし、トイレの手洗い水で凌…

電気消費量7月比較での発見

上記グラフは、この 10年の我家の自家消費分も加味した電気消費量の比較である。(直近の 4年間は高松在住であり、その間は息子に今住んでいる家は貸していたので 2017-2020は考察の対象から外す)以前に私達の住んでいた2016年前と比べても2021年の電力消費量…

売電価格下落の受容

リフォームで給湯機器を電気温水器を撤去し、エコキュートに変える。そのパナソニック370L NS シリーズ 37KQSの機種は今週初めにリフォーム会社に納入されたようなので、間もなく我家に設置となるはずだ。ユニットバスは先週にリフォームで設置済みなものの…

ゼロエネルギーハウスのゲーム

先日示した年間の太陽光発電モニターによる積算電気収支であるが、この4項目の数値だけでもいろいろなことが理解できる。 太陽光発電量は年間で約 7196kwhと多いので、年間通しベースでは、自給率 100パーセントのゼロエネルギーハウスである。 但し、月ベ…

6月の電気消費量と10年推移

我家の6月の電気料金計は6,396円である。6kVAの「電化上手」での契約、今月の使用電力量は 合計 374kWhであったが、料金の内訳との関係はややこしい。基本料金が1,320円で、31日間の電力量料金分は4,897円。さらにその契約プランの内訳は下記。 ・夏季ピ…

余剰電力活用しても今より損

リフォームを機に給湯システムを再考し、見積もりをとった。エコキュート、エコジョーズ、エコワンなどの「給湯設備」 はエコキュートに軍配があがった。 次なる課題は、10年の電力会社の特別買取期間が過ぎてFITの適用が終了する言わば「卒フィット」の時、…

年5万円の給湯費を 1/4から 0に!

我家はゼロエネルギーハウスを目指している。下記に示すように今でも自給率100% の似非 ZEHではある。毎年似たような数値であり、太陽光発電での年間発電量は 7196kwh, この数年の年間電気消費は平均的に実績ベースで年間で6561 kw hである(太陽光発電の自家…

今年5月の電力消費は例外的

月々の電気代は平均約7千円だが、さらに自家消費用で月に約2千円相当の利用をしている。 前月までの年推移の電気消費量は自家発電分を含んでいない。そのため、実消費よりは低めに出ている。そこで今月からそれをも含めた十年間のグラフをしめすことにする…

太陽光パネルがついて日銭が戻る

屋根のメンテナンスが終わったので、昨日から太陽光パネルが設置され、太陽光発電システムが再稼働した。今年の5月上旬から6月の昨日まで太陽光発電システムをリフォームで外していたので、一ヶ月以上分の売電での機会損失をしている。月々の太陽光発電シ…

太陽光発電せず寂しい

家のリフォームの第二弾、屋根と外壁の作業をしてもらっている最中である。梅雨前線の影響で作業が1週間滞っているのだが、現在は屋根の洗浄のために太陽光パネルを外している。モニターを見ても、発電していないのは寂しい。 考えてみれば、我家の場合は発…

4月の電気は余りすぎ

上記は我家のこの4ヶ月の電気使用量の変化である。このところ気温が高いので、エアコンもせず、平均で一日5kwhの使用。また給湯の湯上げも3日おきでプラス30kwhで済んでいて、ほぼ毎年一定の消費量である(4月の電気料金は5894円)。 締日が…

蓄電池導入に乗り気だったが

蓄電池の見積りをもらった。設置費込みで140万円である。果たして、もとがとれるか? 結論から言うと、どうも怪しい 。(今回の記事は理屈っぽい。自分自身の納得のための記事である) まずは電力会社の時間帯別の『価格差』を活用する、純粋に蓄電を活用…

3月の電気使用量推移

3月の電気代は6346円。2000〜3000円分、1月の寒い時期と比べ料金的に安く上がってきた。しかし、たびたび記事でも述べているが、476kWhの電気消費量に注目する方が比較検討をするためにはより適切である。 これから数ヶ月の電気消費量は最…

節電努力とは関係ない電力消費

我家の2月の電気消費は670kwh、2人世帯にしては電力使用量は多いように見える。冬場は特に多くなるその理由は給湯の影響である。電気温水器方式の給湯なため消費電力は多い。だから、見せかけの他世帯との比較では、我家は平均以上の消費となっていたりす…

居室リフォームの次は屋根と外壁リフォーム

居室リフォームは終わったばかりだが、その次のリフォームの屋根と外壁リフォームを控えている。業者の見積もりは、途中から居室のリフォームとは分離して、それぞれで最適なところとお付き合いすることに決定している。一括発注は便利ではあるが、そのメイ…

一週間、一階で暮らした

二階のリフォームが終わるまで一階の言わば客間で暮らしていた。冬にこの部屋で暮らしたのは初めてだ。この時期はまだ寒いので、エアコンは24時間つけっぱなしであったが、「くらしTEPCO」によると時間帯別もわかり、1時間あたり電力消費平均0.5kWh増、1…

2021 1月の環境家計簿(3倍悪化!)

年に一度 11月にその1か月分の環境家計簿をこの2年程つけていたが、転居でバタバタしていたため昨年は手つかずであった。今回がそれに相当するのだが、実際は電気使用量が月によって大幅に異なるので、同じような自然環境条件でないとフェアではない。住…

電気代と利用の内訳

我家に限らず多くの方とっても電気はライフラインそのもの。各自の利用実態を探ることは、非常事態の発生時の対応に役立つし、さらなる効率性を高めるための第一ステップにもなる。それはメーター機器がスマートメーターになっていれば、例えば昨年より刷新…

暖房はやはりエアコン中心

今は1年で最も寒い月。そうなると冷暖房を電気に頼っている我家のような所では1月分の消費電力は最も高くなる。冷房で10度室温を下げるのと暖房で20度上げるのとを比較すれば、(エアコンの)労力は容易に想像のつくことである。だから、電気料金もそれ…