クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

カウンセリング

Sカウンセリングも終了、これで卒業

昨日にS臨床心理士のカウンセリングを受けた。前回のカウンセリング時に、カウンセリングを受けるということは 何かに迷っていることがあるからこそ受けるものとの話があった。確かにそうだろう。今となっては 腹は座り 私も迷いは薄れてきた。もう前に進む…

I カウンセリング終了

I カウンセラー(本人の自称はコーチ)のとのカウンセリングが終わった。計5回受けたことになる。1回目、2回目は夫婦カウンセリング、3回目で最後のつもりで私の家系を中心にであった。その後1カ月の報告を兼ねて、これまた最後のつもりで4回目は単発の…

急遽追加カウンセリング

メンタルがダウンしていたので、急遽お願いして予定外のカウンセリングを一昨日にしてもらった。 私のいつもの思考パターンは、どんな状況に遭遇しようがポジティブでありたいと、デジタルで 1か0で迷う時は いつも1だと思うようにしている(人間は思い込…

パワーレスな状態

カウンセリングを受けている。一昨日のそれはパワーレスがキーワードだった。自らの力を全く及ぼすことのできにくい無力な状態のことを言うのとしよう。この間、パートナーはずっとその状態だったのかもしれない。パワーレスになっているその状態で、論理で…

意見を交わしたいこと、聞きたくもないこと

私は 感銘を受けた本やブログ記事に関してシェアして妻と意見交換をしたいと思っている。そのために議論を振るものの、関心がないのか、また衝突を避けようとするのか不明だが、まず反応はない。意見があるのかどうかわからないのだが ともかく言わない傾向…

思っていることを言わない人

垣屋美雨氏の小説「定年オヤジ改造計画」を読んで多くの示唆を受けた。私の状況とも似ていてリアル感があり、思い当たる節が多い。主人公が定年オヤジなので、男視点で書かれていて、男の気持ちを良く描写されていて共感する面も多かったが、著者の基本は 定…

女が黙った時は危険信号!

定年オヤジ改造計画という垣谷美雨さんの著書がある。そのタイトル帯に 女が黙った時は危険信号!とある。 私の妻は思っていることを言わず黙る人である。以前より私に対する不満はあまり言わない人だなぁと思っていた。だから私は、今の私の状態で十分であ…

言葉にした途端にずれるカウンセリング

先週に今の環境での最後のカウンセリングを受けたが行き詰まっている。私の持つ愛されたい感、孤独感はいくら頭で考え、色々な角度から言葉で表現しても、同じ穴の狢で この言葉や論理の延長線上に解決は見出せないのではないか。それは相手にとっても同じ、…

思う、感じる、考える

子供の頃、作文は大嫌いであった。仕方なく書かざるを得ない文章では、いつも語尾に悩んでいた。こう思うとかの 思いは少なかったし、考えることと 感じることの違いもピンと来なかった。だからいつもいい加減な文であったろう。 学生時代もそうだったが仕事…

真の愛を知らずに人生終わりそう

私の欠乏感は愛されたいこと。愛と言っても種類は様々あるだろう。夫婦愛、親子愛、友愛、師弟愛など。私もごく稀に瞬間的に味わった経験をしたことはあるが、本質的には(人によるのかもしれないが)それらは そう長く続く性格のものではないようにも思える。…

最期のつもりだった夫婦カウンセリング

1月にお願いしていた夫婦カウンセリングの2回目を2月後半に実施した後、カウンセラーに結果報告せず終わってしまっていた。クライアントとしては そのまま放置でも良かったのだが、その後どう捉えたか、それで誤解はないかを確認するために、最期のセッシ…

他人と思えば怒らなくなる

ずっと運命共同体として暮らすというのは大変なことだ。同じ屋根の下に暮らす時は多くの場合にそうなり得ると思うが、その時に互いのコミュニケーションのパターンだけでなく、日常の細かいこと、次元が低いかもしれない例えばモノの管理やゴミの出し方、し…

カウンセリングでわかった存在

数日前にあったカウンセリングで、それまであやふやであった「事実」と「主観的事実」に関してカウンセラーに問うてみた。それが私の抱える人生のテーマと関連していそうな気がしたからである。 何らかの事象があり、それを各自が(認知論なのだが)主観的事実…

瞬間湯沸かし器という不本意

妻から私は「瞬間湯沸かし器のようになる」と言われた。「瞬間湯沸かし器」という言葉を聞いて落胆した。不本意である。四六時中怒っているわけではない。世の男の平均と比べると、数的にはずっと少ないのではないか。その大きさもそうだ。爆発するというこ…

飛沫防止と! と飛沫を飛ばされた

先日だが、スポーツクラブのエアロ仲間とレッスン終了後の風呂の洗い場で会話をしていたら、体格の良い爺さんが「喋るな!、会話するならマスクをしろ!ちゃんと掲示にも書いてあるだろう!」と飛沫を飛ばされながら言われた。殴りそうな雰囲気で威嚇してき…

ただ寄り添うだけのカウンセリングの限界

カウンセラーはクライアントに真摯に向かい合うのが基本だ。クライアントの私も問われたことは真摯に受け止め嘘は言わないつもりだが、状況説明で(私があまり本質的でないと思う過去のいきさつや事細かな状況説明をするのは煩わしくもあるので)少しイラつく…

カウンセリングは継続せねば

夫婦カウンセリングは2月で終えたが、それとは別の個別カウンセリングは継続中である。こちらは自分自身の総括をする位置付けで重要なことである。あと数ヶ月、生活が安定化するまでは続けたいと思う。 カウンセリングでの私の人生のテーマは意識的に思って…

科学的でなくとも納得できれば良し

今までの私は、科学的、合理的なことに価値をおいていた。 理工系の出身だからということもあるが、対極にある非科学的、非合理的なことには否定的であった。神様とか霊界の世界はその典型の1つであった。(価値観によるバイアスを排除するために)データに基…

報われない私いい人

今年になって大きく気づいたことがある。それは家系の重要性だ。確かに似た条件で同じような家庭内トラブルに巻き込まれる人を目の当たりにすると、やはり原因は家系かなぁと思うのである。 一昨日の2月23日は父の命日だったが、昨日に先祖供養で墓参りに…

最後の夫婦カウンセリング

夫婦カウンセリングを受けた。Zoomによる90分セッションで、その時間を私と妻と個別にほぼ半分ずつ実施した。通算で3回めである。カウンセラーはアメリカに在住の私達より数年若い日本人女性。基本のスタンスは家系が大きく夫婦仲に効くので、本来の4カ…

不自由からの解放

私は自由だと思っていた。客観的にみるとそうだろうと思う。でも率直に言うならば自分自身としては いくつかの分野で不自由な面もあった。 わたしはストレスは全くないとも他者に言っていたし、同様に自分自身でもそう固く信じていた。しかし実際は隠してい…

運命的根源的なもの

この数日、暇さえあればネットでの講座の夫婦アカデミーのビデオを視聴している(有料のサロン会員になる必要あり)。ご案内のメールの一部を引用する。 互いの家系的課題が入籍と同時に夫婦間に流れ込んでくる。ということです。 自分たちだけが原因で起こっ…

家系に潜む問題

家系学というのがある。小川たかしさんの次のような本がある。私は下記の本からではなく、録画で直接のお話を聞いてみたのだが、なかなか面白い視点だ。家系はいろいろと私達の内部に組み込まれているものの自分自身では気づきにくい歴史的観点を提供してく…

カウンセリングで気づく盲点

カウンセリングを受けていて、私の人生のテーマが浮き彫りになってきた。人は誰しも人生のテーマを持っているようだが、私自身のそれは はっきりとはしないまま 今日に至っていた。 現実には多くのモヤモヤが存在する。それが問題を引き起こすのだが、見方が…

私のカウンセリング、人生のテーマ

月に2回程度のカウンセリングを受けた。私の気づかないでしている いつものパターンを理解するためだ。 パワーゲーム、これは圧倒的に私が強い。経済的にも整理整頓力、各種問題解決力などを含め生活能力はあるゆえに周囲に強く当たってしまう。相手は弱い…

zoomで夫婦カウンセリング

先週末だが夫婦カウンセリングというのを受けた。事前のメールでの打ち合わせはあったものの、本サービスは約1時間半、zoomにてのお試し的な導入セッションである。伊東さんとは初顔合わせだったので2人顔出し少し話し、その後に妻と先方だけの会話で進め…

やはり私はモラハラか

これまたある方のブログをヒントにモラハラを再考してみた。モラハラ夫によくある12の特徴は以下の特徴に多くあてはまるほど夫からモラハラ被害に遭っている可能性が高いらしい。出典は不明だが そのままコピペしてみた。 妻が少しでも楽し気にしたり、たし…

カウンセリングも再開

昨日はカウンセリングであった。毎回セッションの終わり頃に次回の予約を取る。事と次第、その進捗によっては、終わってしまうかもしれないからだ。今は二週間おきに一回、月に2、3回実施しているが、安定状態を維持するためには、あと数ヶ月はかかりそう…

年内最後のカウンセリング

先日、他者のココロはわからないという趣旨の記事を書いたが、私自身も危険と紙一重の状態にある。メンタルが弱いわけではないが強くもない。 年内最後のカウンセリングを受けたのだが、その間の経緯を話すのは鬱陶しくもあったのだが、結果的に見るとカウン…

カウンセリングの再開

カウンセリングを12月になって再開した。年初1月に一回実施して以来である。1回目は12月3日数日前に2回目を実施した。同じカウンセラーだ。テーマは同一の流れなので、こちらの状況をいろいろと説明しないで済むので、すぐ本題に入れるので好都合だ。 …