にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

キッチン仕事

7月に作った料理

7月も NHK「きょうの料理 」のテキストをもとに下記の 39料理を作った。なす、とまと、きゅうりなどの夏野菜を主役としてこの厳しい夏を乗り切りたい。 NHK きょうの料理[本/雑誌] 2021年7月号 (雑誌) / NHK出版価格: 590 円楽天で詳細を見る チキンソテー…

なす料理は当分は要らない

この7月は きょうの料理のテキストで代表的な夏野菜の1つである なす料理が特集であった。我家でもかなりの量を消費量していて、ほぼ毎日何らかのナス料理を食べていたかもしれない。季節感を味わえて良いし、あっさりとした食材だし作る料理は全て異なる…

6月に作った料理

今年の きょうの料理 の6月号テキストから下記の26メニューを作った。去年と一昨年のバックナンバーからも同数以上。もう6月号のテキストでは作り尽くした感があり、既に切り替わりの時期になっている。 7月号テキストは職場近くのコンビニで仕事帰りに確…

塩分コンシャス

持病持ちの妻は塩分を減らすことをしないといけない人である。今日は健康診断もあるというので、この数日は減塩を意識した食事を作っている(ともに食べる食事は基本的に私が作る)。 以前に妻がよく作っていたトマトの水煮と鶏もも肉の煮込みの料理など、味が…

キッチンや洗面台の高さに不満

キッチン仕事を長くしていると腰が痛くなる。洗面所でも同様だ。洗面所は滞在時間は短いから耐えられないというほどではないが、下ごしらえで食材を切ったりキッチンでの調理が一日で3回ともなると、身長172センチの私では作業スペースの位置は低過ぎで腰に…

料理作り一年を経過

料理作りを始めて一年を経過した。妻に調理関係でいろいろと尋ねることも殆どなくなった。晴れて、初心者マークはとれた状態と言えそうである。 正確に言うと、3食作るようになって半年なので、一年前は週に一度のペースからのスタート、そして週に2回、そ…

5月に作った料理

NHKきょうの料理5月号のテキストの放映は既に終わっているが、その中で 33メニューを作った。数的には減少傾向にも思えてしまうが、たまたま5月号のテキストでは作ろうと思う料理が今までの月より少なかったからである。昨年や一昨年でのテキストをもとに…

4月に作った料理

4月もNHK「きょうの料理」を基本にたくさん作ってきた。4月号テキストでの放送は今日で終わり。作ったのは次の44メニューであるが、去年、一昨年の4月号のバックナンバーテキストでもほぼ同数の料理を作っている。塵も積もれば山となるで、技量もだんだ…

惣菜を買う気がしなくなった

1年以上前はお惣菜を良く購入していた。少量ならば作るより割安になることはあるし、妻はあまり揚げ物を作らないからということもあるが、私は若い時も馴染みがあるので時に食べたくなる。何と言っても、温めれば、できたてなら温めなくてもすぐに食べられ…

5月号テキストは季節感なし

冬から春の間は白菜や大根、春野菜、あさり、春魚など旬の食材を活用した料理が多かった。情報源はNHK「きょうの料理」である。その きょうの料理のテキストの5月号は今週水曜日に発売になるので楽しみである。ただ予告タイトルによると、5月となると初夏…

電子レンジも更新

昨日は注文していた電子レンジが届いた。またまた、ジャパネットたかたでの購入である。何十年も前のもの、壊れたもの、付属品がないもの、他店で購入したものでも廉価な機種でも一律に下取りをしてくれる。昨年11月末に引越してきたのだが、それまで使っ…

旬な筍料理を作る

タケノコの季節である。きょうのNHK「きょうの料理」放送番組では久保香菜子さんの手仕事12ヶ月で "たけのこ"がテーマでもある。 先週にお買い得のタケノコを購入していたので、私は予習の意味を含めて下処理のたけのこのゆで方から挑戦してみた。テキスト…

3月に作った料理

今月もたくさんの料理を「きょうの料理」からヒントを頂いて作り続けることができた。3月に作った今月のテキストに掲載されている旬のメニューからは次の40種、その他昨年以前の3月号のバックナンバーで10献立以上が我家の食卓にのぼった。我ながらす…

待望のあんこ!

あんこは大好きだ。一昨日のきょうの料理の “いちおしスイーツ” の金塚晴子さんの番組はそれ。私より30以上歳の離れていると思われる聞き役の廣瀬智美アナウンサーもあんこ大好き!と言っていたので、親しみを感じた(笑)。 上記はできあがった写真で煮崩れ…

きょうの料理の本がない!

“NHKきょうの料理” 、そのテキストが発売日19日の翌日に行ったら無かった。その後に他のあちこちの店にも行ったがどこも置いていない。もし手に入らないとなると、由々しき問題である。 そのまた翌々日に行ったら補充されていたので購入できホッとした。 …

日々の買い物が楽しい

毎日の献立を考えている。朝はワンパターンなものの、昼も夜は毎回新作である。これは楽しい。「きょうの料理」の今月号の最近放映されたもの、多くは旬の食材を使ったものだが、25分の放送番組を見ると、作ろう!という気にさせられるので、その献立の中…

復活、ノンオイルフライヤー

多量のオイルでフライのようなものを作るのは苦手である。古い油を使うのもあまり好みではないし、残った油をこぼしてしまうことは何度もあった。7年半前にノンオイルフライヤーを購入していた。あまり焼き色がつかず、調理現場の担当でもなかったので、そ…

作らない料理

NHKの「きょうの料理」をしゃぶり尽くすように見て、作っている。毎月のテキストに掲載されている7割がた作っていると思う。そうして、月を変わていくのだが、(後に作ることはあるかもしれないが)一回しか作らないのが基本で、1か月の日々の献立が決まる。…

3月は新たまねぎと新じゃが

NHKきょうの料理の今週の放送は新たまねぎと新じゃがいもの特集である。 月曜から水曜までの番組を一通り視聴した。我家の毎日の食卓にはこの一、二週間は、新じゃが、新玉ねぎ、そして春キャベツが並ぶことだろう。そのために先の週末にスーパーでそれらを…

2月に作った料理

今月もNHK「きょうの料理」テキスト2月号を中心に献立を考え、この一月の昼夜食で下記の38品を作った。それ以外にはこの2年間の2月号バックナンバーのテキストから約10品程度。楽しみながら作っているし、毎月料理の技量が少しずつ向上している気がす…

やはり国産モノは美味しい

肉も野菜も多くのものでそうな気もするが、国産食品は高い。でも国産品は十分にそれだけの価値はある。美味しいからだ。 牛肉は食べ慣れていないせいもあるが、それなら牛肉はどこ産でも同じだという理屈はあり得る。何らかの機会があって食する機会があって…

ねぎ・しょうがであったかレシピ

「NHKきょうの料理」とともに生きている。きょうの料理の2月号の先週の番組では小田真規子さん、ほりえさわこさん、前沢リカさんによる「ねぎ・しょうがであったかレシピ」の特集週間。我家の2月第1週の献立は、それに準拠した次のものであった。 (焼きね…

いつまでも初心者との甘え

料理に目覚めて9か月、私はまだまだ料理の初心者、未熟者と自己認識している。しかし、調味料の加減はこんな感じかなと、わざわざ小さじや大さじ、計量器を引っ張り出さなくてもわかるようになってきた(でも、一応確認はしている)。具材の量も標準より少な…

ミルクジャムの質的変化

ジャムを作るというのは楽しい。昨年もりんごジャム、キーウィジャムそして栗ジャムなど何種類か作ったが、グラニュー糖などを入れて煮込んで、ある程度のところでトロリと質的な変化をするのが面白い。そこで直ちに火を止める。液体でも個体でも気体でもな…

1月に作った料理

昨日は2時間半かけてビーフシチューを作った。いつものような30分からせいぜい1時間でできる料理でなく、長く煮込む本格的料理であった。 今回に限らず1月も我ながら多くを作ったと思うくらい料理は今の私の生活の中心になっている。ほとんどが、NHKき…

毎冬の季節は同じ食パターン

NHKきょうの料理の2月号テキストが発売になっている。“NHKきょうの料理” は私の趣味の域に達しているから、テキスト購入は日々の暮らしの中での楽しみの一つである。 寒いお正月の終わった時期は餅の再活用や冬野菜といった比較的地味なレシピが多い。野菜…

誰かのために作る?それは違う

最近は料理レシピが出ている場合に2人分のことが多い。かつては大人数で密で食べることが良しとされていたから、たくさん作るのがデフォルトであった。例えば、カレーやシチューのルーのパックなどは8人前の作り方で書いてある。こうなると、少量作ろうと…

趣味は きょうの料理

私の今の趣味は何か?NHKきょうの料理である。月曜日から水曜日までのNHKのEテレで午後9時からの番組を必ず視聴している。私にとって、テレビの存在は きょうの料理を見るためにあるようなもの。 雑誌や本の類の購入に関して言えば、唯一のものはNHKきょう…

和風料理も作ります

若い頃は和風料理は大嫌いだった。選べる時は必ず洋食あるいは中華系を選択した。 今は少し変わった。料理を作る上でも、和風の食事はやはりホッとするようになった。やはり日本人のDNAが流れているのだろう。 昨日の夕食は鮭の西京焼き、グリルでの魚焼きも…

牛肉は高い!と再認識

今年は丑年、私の子供の頃の牛との接点は牛乳のみ、乳は飲んでも肉は食するものではなかった。牛肉は得体の知れない思考停止するものの一つで、わけのわからないシロモノであったから、食べたいとも思わなかった。すき焼きは、まずいものだと教わっていて、…