クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

回想及び終活ステージ

ランキング撤退と断捨離

6月10日と12月10日は会社員時代のボーナス日、(今では全く関係はないのだが)今後も決して忘れることはない日だろう。さて、昨日からブログランキングからは撤退した。日本ブログ村もランキングに不参加で籍のみ残しているが、こちらもいずれは撤退す…

新聞宅配どうするか

朝起きた時に新聞を読む。新聞読みは数少ない私の楽しみの1つである。今購読している新聞販売店は午前3時くらいの早い時間に宅配してくれるので、早起きの私はとても重宝している。今月はダブルプランで宅配と電子版の両方だ。両方でアクセスできるとなる…

仲良し別居はどう?

失意のドン底にいる。青天の霹靂なことに遭遇し、昨夜は一睡もできなかった。 少し前に次の「なかよし別居のすすめ」という本があるのを知り、サンプルで読める 前書きと第1章の2割程度だけだが読んでみた(追記: その後6月3日に 図書館から借りて読了。…

今日からおひとりさま暮らし

今日これから自宅に戻る。そこから、おひとりさま生活が始まる。日々の何気ない暮らしとともに、今後は喪失感が徐々に増して感じてくることだろう。それは覚悟の上での一人暮らし生活の参入だ。 実際、68歳ともなると、いつ何時 どんな別れが起こっても不…

もう別れてもいいですか

垣谷美雨さんの小説「もう別れてもいいですか」を読んだ。離婚ということを女視点で考えられてとても面白い本であった。にほんブログ村のシニア日記で上位トップブロガーの方々の記事で 日々の夫婦関係を垣間見れたりする内容と共通だったりする。女視点で、…

はてなブログで書き始め10年

10年前の5月6日、はてなブログで初書き込みをした日だ。 その時は この はてなブログは まだ β版で誕生後 間もないブログサイトであった。 それから10年の毎日の記事を書き続ける模索の結果、私のリタイア後の生活の主たるドメインは、「エコ」であり、「…

愛は逃げたが やり残しはある

私の人生のテーマの一つは愛を求めることだった。それをつかもうとしたら、逃げていった。割り切りが早いといわれるかもしれないがもう 愛の探求は諦めた。今後は別のところに注目していこうと思っている。 何かやり残した他のことはないか? その一つは良く…

蜜月20年持続サイクル仮説

今までの私の人生を振り返ってみると、長い場合でも20年程度で その環境は終わり、次のステージに入っている。短いという人もいるかもしれないし、長いという人もいることだろう。 職業人生活の転職はそれだ。最初のサラリーマン生活は 途中に寄り道はあっ…

真の愛を知らずに人生終わりそう

私の欠乏感は愛されたいこと。愛と言っても種類は様々あるだろう。夫婦愛、親子愛、友愛、師弟愛など。私もごく稀に瞬間的に味わった経験をしたことはあるが、本質的には(人によるのかもしれないが)それらは そう長く続く性格のものではないようにも思える。…

賃仕事を終える

退職申し出は1ヶ月以上前に申告して許可を得ている。あと3週間弱の勤務で 私の人生での賃仕事は終焉する。 パートである今の仕事は店舗内の清掃、掃除機がけの平日の1時間である。掃除機を持ち運べられる人なら、難なくこなせる仕事だ。昨日は いつも業務…

妻の引越し

私と妻は今の運命共同体としてのパートナーとしての関係性を卒業する。住まいは別々に構えることにし、私は今の家に残るが妻は引越しをする。その引越のお手伝いをしている。 このブログを書き始めて10年近くの範囲だけに限っても2回していて、その度に何…

パートナーから友達へ

妻と人生のバートナーとしての運命共同体はやめた。今後は運命は共にせず、別々の運命を歩むことになる。経済的にも独立して営み、住まいも別々に構えるようになるのだが、かと言って 関係性を完全に遮断するわけではない。言わば『卒婚』のようなものである…

世間と同じ視点で語るから心許せない

昨日は彼岸で ぼたもちを携えて墓参りに行き、ご先祖のことを思い馳せてきた。墓周辺の草抜き、私自身では初めてと思うが墓石のこすり洗いもしてきた。 私は恥ずかしながら子への世代間継承がほとんどできていない。心を閉ざしている人には、まずは最初にそ…

格好いい男

私が格好いいなぁと思う1人は故人の石原慎太郎氏だ。言いはしなかったが、若い時と違い、貫禄のある引き締まった顔立ちで格好の良い老人だったとも思っていた。都知事自体の強力なリーダーシップで、記者に「バカなことをいうんじゃないよ」と強い口調でい…

ミッションコンプリート

先日読んだ石原慎太郎、曽野綾子共著の「死という最後の未来」で、曽野綾子氏の言葉は印象的で面白かった。 そのうちの一つ “人には果たすべき任務” つまり死ぬという使命がある。ミッションコンプリート、やがて任務完了となるというものだ。 曽野氏はクリ…

死という最後の未来

先週だが 久しぶりに本を読んだ。新聞広告にあった「死という最後の未来」という本で、タイトルもそうだが目次にあった項目は とても魅力的で思索してみたい内容であったためである。2020年6月に刊行された本の文庫本で590円である。 死という最後の未来 (幻…

運命的根源的なもの

この数日、暇さえあればネットでの講座の夫婦アカデミーのビデオを視聴している(有料のサロン会員になる必要あり)。ご案内のメールの一部を引用する。 互いの家系的課題が入籍と同時に夫婦間に流れ込んでくる。ということです。 自分たちだけが原因で起こっ…

料理と仕事再開

昨日は仕事初め。料理も年末と年始は妻に任せていたが、一昨日から私担当でボチボチはじめた。外食はしないので、クリスマスから年越し麺、そして正月のお雑煮、おせち料理の数品は手作りだが、この間のメインの基本は中食。今週の七草がゆも同様だが、特別…

10年前の今日は感激した日

10年前の今日はどんな日だったか。通常はあまり思い出せないくらいであるが、私にとっての10年前の今日は特別な日、miketoy発電所の初稼働日であった。最重要かどうかは別として、エコの中核に位置する太陽光発電システムの本格的稼働をした感激ひとしお…

一年で人生が終わるとしたら?

「もし後1年で人生がが終わるとしたら?」という本が7万部突破らしく話題になっている。魅力的なタイトルだ。 週刊誌のタイトルも同様だ。週刊現代「人生は最後まで想定外の連続だ」、まさか・・なんて ということは不意にやってくる。慌てないためには・・…

テーブルとワークデスクが落着かず

1階で暮らし始めて1ヶ月になる。私はほとんど2階に行かないで済んでいるのだが、今では上がると広いだけで 人気のなさを感じてしまうくらい寂しい状態になっている。実際に1階で暮らしてみると、外へのアクセスの容易さ、朝に窓を開けて外の様子がすぐに…

リフォーム代の総決算

昨年末から今夏までのリフォームに一区切りつき支払いも済ませた。今後は特別費としてのリフォーム関連の大物は(少なくとも年末迄は)出現しないであろう。 あまり懐事情を晒したくはないのだが、他の方の参考に資するという意味で我家のリフォーム費用の総決…

厳しい暑さで鍛えられたから今夏は楽

y2021年の夏は暑かったろうか。人は1時点で1箇所にしか存在し得ないから、体感での比較はできない。 だからわかりにくいことであるが、それでも知りたい時は気象庁の示す「過去の気象データ」が頼りである。 今年の8月までを振り返ると千葉県北西部の我市…

もう思い残すことはない

コロナの収束が見えない。近いうちに首都圏はロックダウンする状況になるかもしれないと私は覚悟している。 にも関わらず、自粛疲れでとかの言い訳で我が道を行く人のなんと多いことか。決して若者だけでない。シニア日記ブログでも外食、旅行、友と長時間か…

ハローワークは求人チラシより益多し

今の仕事は6月末で辞める。リタイア後に契約社員などで約4年間勤めたが、もう潮時であろう。 その後ももう少し仕事を続けたいと思っていて、現在は求職中である。この機に、今後の残された時間で次に何をしようかということが徐々に明確になり、必要な要件…

1ヶ月で最も嬉しい時

今日は金曜日。仕事から解放され、しばらくはどこにも行く必要のない、いわば一週間で最も楽しい曜日だ。 1ヶ月での最も楽しいときはどうだろう。働いている人の場合の多くは給料日だろうか?私の場合はそんなことはない。実際、緊急事態宣言が出てから欠勤…

日本の歌のDVDが届く

ユーキャンで「美しき日本の歌」を購入した。映像で綴る愛唱名曲紀行 こころの風景のDVD8巻からなる。各巻は約1時間で、懐かしい音楽が関連した映像が流れる。ボーッとしながら聴いていたい音楽で、昨日に全部を聴き終えた。 ユーキャンに1月初め頃に申し…

本は全て捨てた

2週間くらい前になるが、かつてとても思い入れを持っていた最後の本を処分した。自分で書いた本を含めてである。もう私が残りの人生で、これらを読み直すことはないだろうという判断のもとにゴミとして出した。 もう現役を退いてから4年以上の時間が経ち距…

人生をしまう時間

先週なのだが、ドキュメンタリー映画「人生をしまう時間」を市の大ホールで見た。感激した素晴らしい映画の一つであったと思う。 以前に小堀医師のことは下記の記事にしたのだが、氏が登場するとのことで参考になるかも?と思って参加したのだった。この映画…

生きていてくれるだけで良い

妻が持病の悪化模様で、高熱続き。病気になって二週間近く床に伏していた。心配にもなろうというものだ(今は回復基調であるが)。病となると通常は食欲が湧かないものだが、食欲がないだけでなく、食べたものが下痢として出て蓄えられないとなると、身体がど…