にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

非合理的な行動の選択

 夏のように暑い時の温度差は、一階と比べ二階の部屋はは3度くらい高い(冬は5-10度の温度差がある)。我家の一階で、ビーク時は温度は33度くらいになることもある。しかし、ずっと扇風機をしていれば、エアコンなしでも何とか過ごせる。二階の36度となるとエアコンなしでは、やはりキツい。
エアコンなしで過ごせる適当な場所に選択的に移動することが、最も合理的な行動だと思う(しかし、非合理な行動をし続けることは、私もままある)。それだけで、年間の冷暖房費は、大きく節減できるであろう。

天気予報での温度、すなわち地上高1.5mの日陰である百葉箱のような生活は、実感を示していないと以前に述べた。しかし、かつての日本人は、部屋には気密性能も何もない、開けっぴろげの外にいるようなところで、布団で寝ていたわけだ。それならば、外気温は内気温そのものである。それで夏は良いかもしれないが、冬は寒すぎる。夏とて、涼しいかもしれないけれど、蚊も虫もいて不快だろうなと思う。おまけに物騒なこのごろだ。などとあって、現代のような合理的な住宅になっているわけだ。でも、少し変な方向に向かっているのでは?と思う人は、私を含めて少なくないだろう。

 

**** 本文と関係ない写真 *** 玄関脇のドドナエアにとまるカミキリムシ

f:id:Miketoy:20120731124655j:plain