にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

40年前のエコロジーから、今エコ検定へ

世で言う「エコ」の語源は Ecology エコロジーの省略形である。
時代は約40年前、エコロジーがブームになりはじめる少し前1972年末頃と思うが、合田周平著「入門エコロジー―人間優位の科学」という本を読んだ。生物学としての生態学でなく、システム思考的な観点を含んだ考え方である。その本をテキストとするインターカレッジゼミに参加したことがあった。八王子にある大学セミナーハウス主催の1泊2日もので、その時の記念写真がこれである。教授らしき人の近くに昔のの私がいる。ネットで検索したら、合田先生はお元気なようだが、この写真に写っていた人達が、ネットで偶然この写真を見かけてくれれば嬉しいなと思う。しかし、それはまず、ありえないことだろうし、彼らと再会するということもないだろう。

f:id:Miketoy:20120820062559j:plain

今日では、エコな生活というと、誇らしく、堂々と言える。しかし私が環境科学を専門にしようかと迷っていたその頃は、例えば環境アセスメントなどというと、過激派でうさんくさい人と思われた。その種の反論を論破する弁論力も、また抵抗するほどの気力もなく、ITの分野に行くことにしたのだ。あれから40年近くたったところで「エコ検定」などを取得しようとしているのは不思議なご縁だ。