にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

室内外の温度の現実

私はデジタル好きと言われるのだが、もう一つご披露したい。
次のものは、昨日の朝6時過ぎの我家での室内外温度計での数値である。条件は、2階南向き居間、夜のエアコンはなし、窓は閉め切った状態である。上段は、室外換気扇口から外に出した直接は陽のあたらない南東壁での現在の温度28.4度で、下段は室内のこの近辺の温度が30.7度であることを示している。

f:id:Miketoy:20120827061241j:plain


もう八月も終わりに近いので、今年の最高気温の更新はないと思うので、次なる数値が、この夏の室外の最高気温と室内の最高気温だ。ピークはお盆の後頃だろうか。計測器は陽にあたっていないので外気温は40度近くだが、以前のブログでも示したように陽が直接にあたれば50度はいくだろう。室内は、外よりはましなものの、壁の外側と内側という程度なので、温度差は少ないものの、それでも約36度だ。

ピークは午後の2時頃で、その後は、そのままだと深夜過ぎまで34度近くの状態がずっと続く。その間には、昼間の太陽熱が屋根裏にこもったままなためだろう。エアコンを止めて数分のうちに、そり温度に近づいていくのだ。そのような事情のためか、夜から朝にかけては室外より室内温度が高いことも日常茶飯事である。

f:id:Miketoy:20120827061350j:plain


冬は冬で、居間は比較的広い空間だから、大変に冷える。次に示す数値が今冬の室外と室内の最低気温だ。いつのデータかは不明だが、今年の2月の初旬の寒かった頃時だと思う。室外でマイナス6度、室内でも4度だった。2階での地上から4Mくらい高い、1階よりも温度が高くなる条件ですらこの温度である。

f:id:Miketoy:20120827062426j:plain