にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

エリアフリーの魅力

ソフトバンクセレクションの「エリアフリーTV」(pixcela製)を購入した。値段はチューナー本体と純正HDDセット500GBと併せて19800円。まだセットアップを終えて、一日しかたっていないが良い買物だった。

 以前よりiPad位のサイズで手軽にテレビが見られたら良いなと思っていた。5インチ画面程度のケイタイなどにもワンセグやカーナビのワンセグ放送では、いかんせん小さい。また、私の家近辺では電波もさほど強くないので、少しでも窓際を離れたりすると画面が途切れる。それでも使っていたのは、ワイアレスは魅力だからであったためだ。それがこの機械により、部屋を移動しながらでも、より大きな画面で見れるのは魅力だ。
Windows7が発売されたばかりの時に、USBに接続する地デジチューナーを購入したことがある。テレビがデジタルのままパソコンに出る、これはすごいと思い、これからはパソコンでテレビを見る時代だなと思った。しかしちょっとしたこと、例えば少し前にあった地震の震度はどのくらいかなとかを知るのに、いちいちパソコンをたちあげ、ケーブルをつなぎ変え、テレビアプリを起動するのはとても億劫だ。さらに、テレビと接続するケーブルが鬱陶しく、室内がケープル配線で乱雑になることもあり、それ以降は使っていない。
アダプターボックスはコンパクトで置きっぱなしですむ。利用画面はiPadiPad miniでの想定サイズ通り、画質もワンセグ(320x180)と比較すると縦横各4倍の計16倍あり、1280x720画素あり、さして不満はない。現在の地上デジタルハイビジョンは1440×1080画素だが、私には同質なくらいに感じる十分すぎる画質である。番組表や録画の処理に関しても簡単にでき、これはすぐれモノと思った。
 
常時電源オンなので、待機電力は最大で19Wとのこと。単純に24時間30日だと、月あたり電源を入れっぱなしで300円で、微妙な金額だ。これには少し対策を考えたい。
さて、家を建てる当初に配線の関係で、どの部屋でテレビを見るかをあらかじめ決めておく必要があった。当時はWiFiはなかったから、いずれ線なしでテレビが見られれば良いなと思って、ケーブルテレビの営業の人に問い合わせた覚えがある。「まだまだ先のことでしょう」と返答されたあれから7年、やっとその時代が来たという感じである。
 
線無しのワイアレスでできるのはすごい。インターネットに繋がるのだって、プリンターでも同様だった。ワイアレスで、インターネットに接続しプリンターやスキャナーを使う人も多くなってきた。身軽で自由に使えるのか良い。私が自由を尊ぶ自由主義者であることと関係しているかもしれない。縛られる生活のほうが好きな人もいるが、そういう人はどうぞ不自由なままお暮らしください(笑)。
 
*** 我家のドドナエアシリーズ
上から順にドドB、ドドC、ドドD、ドドE、ドドF

f:id:Miketoy:20130531060348j:plain

f:id:Miketoy:20130531070604j:plain

f:id:Miketoy:20130531060512j:plain

f:id:Miketoy:20130531060528j:plainf:id:Miketoy:20130531060539j:plain