にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

リーズナブルな旅行経費

私の趣味の一つは旅行である。旅により豊かな気持ちになれるということだが、視野は広まるし、日本の素晴らしさを相対的に感じることもできる。行きたい所は、残りの人生でそう多くはないが、決して少なくもない。ともかく、お金はそれほどかけずに、満足度の高いところに行く。この数年は国内中心だった。2人分の全費用は、例えば昨年の日帰り静岡イチゴがりツアーで2万円、年末の四国2泊3日ツアーの費用は7万円、別途に四国に2回で16万円。今年2月の鹿児島2泊3日ツアーで9万円その他だ。仕事の休みやすいときとツアー費用の安い頃合を見計らって、日程を調整をして出かける。
海外は3年前の韓国以来だが、比べると国内より値が張るが、それでも今回のマレーシアの旅に関しては18万円である。費用に換算すると年間旅行関連平均で50万円くらいだろうが、そんなものだろうと思っている。ゆとり資金での対応だから、経済的困窮に直面したら、切り詰める対象ではある。
 
「団塊世代夫婦による最新海外ロングステイ情報 - 青い鳥を求めて終の住処は何処-」という http://www.tt.em-net.ne.jp/~soy7686/ とても参考になるサイトを見つけた。
私のライフスタイルと金銭感覚もほぼ一致している。そのサイトの先輩団塊シニアも、海外は30万以下、国内で10万円以下を基準にしている類のことを記しているが、ロングステイしようという少なからずの人は似たタイプかも知れない同人種と思える人たちだ。
旅だから、普段と比べて多少の贅沢はするかも知れないが、不要なムダはしないことだ。帰りの空港でのちょっととたお土産で現地通貨はすべて消化する。だから我家には、ドルもユーロもウォンも元も何もない。今回は慌ただしいままに機内突入だった。そこで、機内販売で現地通貨と円を混ぜて(1円の端数だったので実際は混ぜずに)消化し終えた。もうマレーシアに行くことはないだろうから。電源プラグも、必要ないかな。
 
*** 上部分の赤いガクにある黄緑の実が、やがて下のように黒い実となる。
正月にする羽根つきの羽根のようだ

f:id:Miketoy:20130621122351j:image