にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

フリーランス仕事

私のリタイア後の具体的な仕事の内容は未定だが、ネットを中心にITを活用するフリーランス的仕事をしたい。どんなものがあるかを情報収集しているところで、下記のElanceというのを見つけた。数日前に登録したら、その後毎日、Latest Job Recommendations for You.というメールが来る。下記のものは昨晩来たフリーランス仕事の一例だが、このような出会いで何か面白いものが見つかるかもしれない。

f:id:Miketoy:20130626050129j:image

もしスケジュールベースがきっちりと組めるのならば、カストマーサポートや苦情相談の窓口も面白いと思うが、バイリンガルが要求されるようで語学堪能でなくてはならない。このような自由市場での仕事では、確実に誰かと競争になるだろう。
冷静に他の仕事も観察して見てみると、今さら私にできることは多くはない。そのような中で、プログラミング的な技術的仕事の需要は少なからずあるようだ。その種の仕事ならば、ロングステイしながら、世界中のどこからでも仕事は継続できるので理想的な仕事タイプではある。だから、可能性の一つではあるのだが、勉強のし直しと、かつての集中力が保てているか疑問である。また、他人と比べて少しでも自分を良く見せるための世界において日々研鑽を重ねて・・・、どうも気が進まない。
ここで自慢話であるが、私は学部学生時代にオリベッティ社(もう日本では事業をしていないようで残念)での学生プログラミング最優秀賞を受賞したことがある。そのせいか、人事部長からウチに来ないかと誘われていた。しかし、当時の私にはイタリアはあまり魅力ではなかった。今なら喜び勇んで行くと思うが(笑)。リタイアとイタリア??、語呂も大変良ろしい(笑)。
今から、あまり関心のわくかどうかわからない現代風のプログラミング言語を学んで、もう一度花を咲かせるべく頑張るかどうか、思案のしどころである。