クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

エコ活動からの転換

冬や夏の厳しい季節の時は、意識がそちらにいくからエコのブログ記事が、今までは多くなったりしていた。ただ私の場合は、持っているノウハウは過去記事で出し尽くしている気がする。
ブログ村などのジャンルのトップクラスの人は徹底しているなといつも感心する。何事もそうだが、一流の域に達そうと思うと、高い心意気が必要になるのだろう。私もそのレベルに至ろうとするならば、さらに精進を重ねなければならない。しかし、私の場合はそこまでしなくてもういいやという中途半端感がある。
例えば先月なのだが、電力会社からこんなメールが来た。

f:id:Miketoy:20141031160728j:plain

まだまだ私のエコ度は、省エネ上手な方と比べて改善の余地はあるとのことだが、あまりギリギリと追いつめ、自らの順位をあげるだけでは楽しくはない。また、私がいくらエクスパートになっても、エコ活動が社会に浸透しなければ事態は解決されない。グローバル化PM2.5をはじめとする現象の因果関係、効果的対策を考えると道は遠い。エコという名前だときれいだが、私の場合の実際は、親から学んだ「節約ライフ」がより実情に合っている。いすれにせよ、その普及活動に楽しみを見いだせるかどうか。定期的に開催されるCOP会議での開催場所、そこでの決定事項、日本の果たした役割は?などと、「エコ検定」をとるときは勉強したのだが、正直に告白するならばあまり面白いものではなかった。他のこともあって、エコライフの市民活動も休みがちであった。地球温暖化防止指導員の継続もやめ、来年からはエコの活動を休止することとし、近々その申し出もする。自らのエゴもあり、活動が徹底していない面もあるなと感じていて、結論はほぼ出ているようなものだ。


ブログ村でのポイント振り分けで、エコを20%にしているが下げる。でも、ことさらドメインからエコを外す積極的な理由もないし、エコピープルであることは変わりはないから、そのままにしておくが、今後はエコとは異なる分野に活路を見出したい。