にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

冬のバイクは痛い

車をこの春にやめるリストラをしてから、代わりの移動手段としてのバイクは生活に不可欠な足となっている。夫婦2人での車での大型買物や郊外レストランでの外食、空港への送迎などができないのはやや寂しくもあるが、費用はやはり安く収まっている。月に500円弱のガソリン代と任意保険月額分3100円、維持費用はこの間にエンジンオイル交換2回の2000円だけで済んでいる。駐車場のちょい置きも、バイクだと比較的見つかりやすい。

冬でのバイク乗りは寒くてキツいと聞いていたが、確かに移動時間が長いと効いてくる。5分程度ならまだしも、30分以上走行だとつらいを超えて痛い。かなりな寒さ対策をする必要がある。風速1メートルで体感温度は1度減少という。夏の暑い時のバイク走行が快適なのはその理由だが、時速40キロで走行の場合は、40000メートル ÷ 3600秒 ≒10度 体感で低下となる。朝の8時に外気温8度の時の無風状態で走った場合で、マイナス2度以下に相当するということだ。一つの対策は、スピードを控えることだろうが、時速30キロに抑えても約8度低下だ。この前、山の集合場所に行った時も辛かったが、今程度の寒さならまだ序の口なのだろう。防寒具の装備対策が必要になるだろうが、それでも我慢できなそうなら、歩きと公共交通機関利用、あるいはレンタカーで四輪車使用ということになるのだろうか。

Frickin' Cold!