にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

半日が1日の生活

day off..........

契約社員として仕事を始めた。4時間、昼休憩なしの月曜から金曜までの仕事である。拘束時間の短い方が良い私には昼休み1時間を含めて退社時間が遅くなるより、多少キツくても通し仕事の方が遥かに好都合だ (贅沢を言えばもっと短く、隔日であればさらに好ましいけれど)。

一応社員だから長らく懸案だった職業欄には、無職ではなく会社員と堂々と書ける(笑)。嬉しい有給休暇もあり、数日取得可能だ。現役の会社員だったずうっと前のことを思い出している。そこでは、半日休暇が取れた。0.5日分の扱いで、午前とか午後半日とか使い勝手が良かったので、しばしば利用していた。今回の取得可能な1日というのは、この半日のことだ。半日なのに1日休暇とは少し損をしたような気がするが(笑)、1日8時間の現役社員と比べると、拘束時間が半分なのでお気楽だ。いつも定時の早帰り、年金をカットされない範囲の就労なので申し訳ないけれど、それは最低賃金付近(時給換算だと約800円)で働いている契約社員の身だから、ご容赦願おう。半日が1日とは、人生の密度が半分に薄まったようなものだが、ともかく先週よりこの第3ステージの新たな段階の生活に本格的に突入である。

 

さて、下記の「老後不安がなくなる定年男子の流儀」を読んだ。定年後の3つの生き方の選択肢、再雇用、転職、起業である。私の新生活も基本的にこの本でいうなら「転職」に相当している。豊かで恵まれた環境にいる人に限った話かもしれないが、基本的に主張は賛成でき、十分に読む価値ありの ★★★★ である。

老後不安がなくなる 定年男子の流儀