にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

暫定措置だけれど本命、確定申告が楽になる

f:id:Miketoy:20181209065507j:image

来年から、念願のe-Taxで確定申告ができる。次回からは混雑する税務署に出向かずともネットから確定申告ができそうだ。今までiPhone系のiOSではファイルの処理ができなかったので修正を加えようとすると再入力が必要で不便をしていた。その後に iOSのファイルアプリも標準で搭載されるようになったので、バージョンアップによる改善は時間の問題だろうと思っていた。パソコンやAndroidではできていた機能だから、今度はほぼ同様になる。iPhone系のスマホの利用者が若者だけに限らずこれだけ増えているのに、その現実を無視して見ていないで旧態依然としている危機意識のない組織も少なからずあるが、(税が入らないと大変なことになるからだが)国税庁それだけ世の中の流れを見ていると言うことだろう。

昨日に税務署に行き、冒頭の図の必要書類を受領してきたのが次の写真。f:id:Miketoy:20181213171845j:imageマイナンバーカードなどの電子証明書及びICカードリーダーを持っていない人を対象に、税務署で職員との対面による本人確認に基づき、Windowsのアプリ操作を少ししたら、上記の届出完了通知を印刷してもらえる(私は以前からIDは持っていたようだ)。このIDとパスワード方式は、それらが普及するまでの暫定的な措置と記してあるが、そんなことはなかろう。そのため以外には意味をなさない専用ICカードリーダーこそ消滅し、IDとパスワード方式が本命、今後はその流れになるのは必然と信じている。対応してくれた若手女子職員もそうなるだろうと言っていた。

この e-Taxで来年1月から使えるようになるのスマホアプリでは対話形式の画面操作で、一般的な添付書類は保管義務は5年とあるものの、(多分だがということだが)スキャンしたりしての添付ファイルの送付は不要で済むとのこと。別段、添付書類がなくてもプログラムロジックでチェックはできるはずだし、不正摘発のためのノウハウは持っていて、それも組み込まれているはず。

スマホユーザーはシンプルな税で済む人が多いだろうから、(今回は確定申告書AやB程度だけだが)これだけでも大いに意味がある。試されたことのない方は、この機に試みられたら如何かと思う。