にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

マンションもゼッチの時代

日本政府はエネルギー基本計画の中で、2020年までに新築する住宅の過半数で「ZEH」(ゼッチと読む。Net Zero Energy Houseの省略形)を実現することを目標として掲げている。これは地球温暖化対策として、日本で独自な住宅性能基準を作ったもの。ゼロエネルギーのビルは ZEBという。

「ZEH」に求められる住宅は、「冬温かく、夏涼しい家」に近づけること。高性能の断熱材を使用し、また樹脂サッシや2重サッシなどを採用し、高い断熱性と気密性能を保ち、高効率・高性能な省エネ設備の導入なども大切。結果として、光熱費が抑えられ家計にも優しく、家族みんなの健康が保ちやすくなる。ZEHのマンションバージョンが保温性が高い魔法びんのようなお部屋に、性能に優れた給湯器や効率が良いエアコンなどの設備で、電気やガス、水道などをなるべく使わないマンション、こんな理想的な暮らしを目指したのが「ZEH-M」(ゼッチ・マンション)である。世の中にも、ぼちぼち出始めているが、私も若ければそこを狙って終の住処としたいと思うし、他者にも薦めたいところだ。

昨年末に私は、ジャーマンエコハウスという会社のモデルルームに見学に行ってきた。家にこだわる独自のポリシーを持ち、国内のハウスメーカーとは一味違う印象を受けた。さすがルーツはドイツと思った。戸建ならばさらに検討したいところだが、今はマンション住まいなこともあり参考程度だ。残り時間も限られて来ているし、ZEH -Mを残すことを含めてリスクでもあるから、現実的には私はもう今の古いマンションで十分である。

18. Belgravia Solar Church - St. Paul's - SUNDAY