にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

固定のネット接続は止め

我家は夫婦2人暮らしであるが、その月々5700円要している通信費にも、メスを入れるときが到来した。引越し後の今のマンションではNTTの光回線が来ているから、それを使わない手はないかなと思っていたのだが、それはメリットにもならなかった。第一、電話口のジャックからルーターというわけのわからない機器が壁から出ているというのは美しくない。その手のいかにも機械があります!というのがないと掃除もしやすいし、家もスッキリする。多分今後もケーブルで接続することはない。配線なしで家中でつながるインターネット接続はその Wifiのみ、電源さえあれば基本的にはどこにあっても家中に繋がるので、冷蔵庫の上に存在感なくルーターを置きっぱなしに、ほぼ固定している。
引越して来るまでの家では、ケーブルテレビ接続だったので、そのケーブルルーターからさらにWiFiルーターの二段使いでネット接続をしていたので、トラブル時の問題判別は複雑であった。今のWiFiルーターはWimax2のポケットサイズで、高速で信頼性も高い。実際、この2年でも止まったりしたのは数回、それも再起動して直ぐに動いたので実質的にトラブルなし、それ自体は満足している。現在の接続料は月額4773円、料金が妥当なのか過剰スペックなルーターなのかはわからない。

家でインターネット回線をルーター経由でシェアして使う頻度がポイントとなる。3人以上の家族構成なら、Wimax2とガラホの組合せが好ましいかもしれない。1人暮らしなら、家に帰って接続ということはあまり意味をなさず、外出中の隙間時間にネット接続すれば良いわけで、格安スマホを使って SIMフリーでというのが、経済的に有利な選択肢だろう。2人構成なら微妙なところ。家での固定接続がどのくらい意味があるのかが分岐点となる。別行動の比率が高まれば、相対的に重要性は低下するはず・・というわけでの見直しだ。

気になるのはデータ量と速度だ。今は高速で無制限である。データ量は、1月は30Gバイト使っていた。平均で一日なら、1ギガの利用といったところ、これはYoutubeなどの動画を必要もないのにしばしば見ているため、一般より多めだろう。リストラ後は、使い方を改善していかねばならないが、もっと少ないデータ量でやっていけるはずと見込んでいる。月額費用はたいして減りはしないだろうが、今回の見直しにより、自宅に置きっ放しの固定専用接続から2019年は完全に撤退、インターネット接続もLTEシムフリー端末で自由に組み合わせる年になりそうだ。

WiFi banner