にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

ジムでの盗難

フィットネスクラブで健康に関して切磋琢磨し合うことは良いことと思うようになり、今や必要不可欠な存在になってきた。

さて、妻の通うジム(私の行っているジムとは異なる)で水着やサングラスが盗まれると言う。ロッカーの鍵閉め忘れでしょうというと、運動後に入浴する時の棚だと言う。確かにその空間はオープンで無防備なままで鍵ものはないので、僅かな隙に・・ということはあり得ることだが、財布などではなく、人の身につける下着のようなものまで・・とは信じられない。私は風呂に入る時にはパンツの中にロッカーの鍵を入れているが、注意書きがあるということはその手の事故もあるのだろう。腕輪した方が安全だ。いつもお洒落して高価なモノ持ちの人は狙われるらしい。

その種の盗難は、世の中で色々な人のいる社会では十分にあり得ること。でもジムという比較的にリッチと思われる健康志向な人の多いコミュニティで起こることにびっくりだ。私は具体的に直面していないものの、いずれ起こり得る想定をせねばならないとするならば残念である。そういった人を不正に騙したり陥れることのない良質なコミュニティ環境で暮らしたいが、グレーゾーンはどこでも必ず存在する。だから、境界の付近でトラブルは(少なくすることはできるとしても)避けられないものなのだろう。色々な価値観を持った人がいる、という多様性を許容する社会では、各自がリスク回避の余計なことをせざるを得ないとか、そのための保険をかけることが必要だったりする。リラックスしてくつろぐこともでき難くなるのは、ある意味では嫌だなあと思う。

Double Trouble