にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

投資、私にもできますか

「投資、私にもできますか?」という新聞の別刷りの巻頭特集記事が昨日にあった。一言でいうと、この “問い自体” が問題だ。証券会社からすると、鴨がネギを背負ってやってきたという感じではないか。手順は次のようだと書いてある。

 

  1. 家計の現状を把握し、資産運用に回せる月額を割り出す。
  2. 運用先を決める。まずは投信
  3. 適正水準で利益確定を
  4. 株は一度に200株以上を購入を
  5. 株価が上がったら元本分だけ売却、残りは資産株として生涯保有

 

素人の投資は、私は損をさせるシステムだと思う。私の考える問題点は、少なくとも2つある。今後も経済成長するかどうか。私は悲観的だ。でも、そう思いながらも、日経平均株価は上がっているから、やはり素人の私の判断も間違っていたのだろう。将来はわからないが、バブルが崩壊すると、やっぱりねということになる。その可能性は、南海トラフ地震の発生などよりはるかに高いと思う。

また、株で得をすれば良いが、値下がりすれば、再び上がるまで資産を持ち続けよということ。この手の指南はズルい。シニア世代だと、それまで多分生きていない(笑)。それが証券会社の狙いではないか。政府の年金繰下げ受給推進と同じで、払い損の人を増やそうという構造だと邪推する。私は人間不信ではないと思うが、証券会社や政府には不信である。

mister duck