にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ #丁寧な暮らし - ブログ村ハッシュタグ
#丁寧な暮らし

クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

日経のセミナー、老後の資産運用と相続

日経 資産運用フェア in 高松というセミナーに出席した。資産運用に誘導されるのは目に見えていたが、いずれ相続問題に直面するから情報収集だけはしておこうとの思いであった。参加したのは、「老後貧乏にならないためのお金の法則」という田村正之氏の基調講演と、「相続法が大変化」という弁護士の吉田泰郎氏の2つの講演、それから個別相談の3つのプログラムであった。

最初の基調講演は、世は年金制度の誤解があるが国の制度に頼って大丈夫だ、金額不足ならニーサやイデコでインデックス型の運用型の投信をしようという、この手のセミナーのお決まりの日本経済成長ストーリーを前提としたもの。2番目の相続法は、今後の安心のために妻の権利拡大を上手に使おうという具体的事例中心の弁護士の見解を紹介。個別相談は、自筆証書遺言より交渉証書遺言のほうがリスクが少なく確実で、それの業務代行支援を10万円でするよというお話であった。

Stapel aus Münzen mit Pfeil und dem Text Nikkei

地元の税理士法人グループのセミナーであったが、日本経済新聞社がサポートしている。日経IDは持っているからか、メールで資産運用、相続などが話題のセミナー案内が来て申し込んだのだが、日本経済新聞は転居後は定期購読はしておらず、ローカル新聞に切り替えている。現役を退いている身のこの頃は、日経を読まなくても全く支障がない。それより、地元ニュースの方が重要だから、地元香川県の情報に詳しい四国新聞が一番だ。フィットネスクラブでは、スタジオレッスン開始前にマッサージチェアに座り、ネットをしたり新聞を読むのが定番だが、その場には四国新聞、読売新聞、そして日本経済新聞の3誌がある。日経は人気がないのか、大体いつも空いていて読める。地方都市では全国レベルのことに関心の薄い人が多いのかなあと想像しているが、私が読みたいのは日経なので好都合だ。

ともかく、今回のような人のまとまったお話を聞くというのは老後の暇つぶしとしては悪くないと思った。エコの観点からは、不必要な資料が押し付けられるは嬉しくない。資料もまた欲しくもない景品などの多くも辞退したが、持って帰ったあとの資料もゴミと化すものも多いのは残念、この手のセミナーではソフトコピーの時代になって欲しいものである。