にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

今時の情報のやり取り

他者とメールアドレスや携帯電話の番号を教えあう時がある。そんな時に、どう伝える手段を選ぶか。口頭では聞いた方も忘れやすいから紙などにそれを書いて相手に渡すというのが伝統的なやり方だ。私の所持品はガラホiPadの2つ。と同じように、相手の日常使いで持っている機器を知らねばならない。LINEユーザー同士だとラインアプリを起動したスマホ同士を近づけて友達追加をする機能フルフルを使うことは多いのだろう。私はガラケーでラインは使わないので・・となると旧石器時代の人間と思われるが、そんな情報弱者ではないと一応は強がる(笑)のだが、私はもっとスマートなアプリに依存しないやり方をしたい。

相手の携帯電話番号なら、ショートメッセージで送るだろう。これだと、電話番号もわかるから便利だといえばそう。でも、メッセージは添付ファイルなどできないから、使えることは限られる。

LINEを含めたメッセージ系は早い反応を期待されるから、やはり距離感のあるEメールが好ましい。と言ってもメールアドレスは迷惑メール対策で多くの人は自分でも覚えていないくらい複雑なメールアドレスにする人も多く、入力もちょっとでも間違えるとアウトだから厄介だ。

そこで登場するのは、エアドロップだ。相手がiPhone系(iPadを含む)なら、これで自分のプロフィールを共有すべく連絡先を送信すれば、相手の登録している電話番号、携帯メールのアドレスなど、付属情報まで一気に送れ登録までできる。便利で早いし、すぐに確認できるし、間違いはない。相手がandroid系のスマホだとどうか。同様にBluetooth接続での共有がそれに相当する。自分のアドレスをプロフィールから共有で送信すれば良い。そのための下準備がエアドロップと比すと多少厄介で手間なもののフォローできる。相手がガラホだと、自分のプロフィールをBluetooth経由でなく、赤外線経由で送信すれば良い。古いタイプのガラケーだとできるかわからない。ケイタイすらないとなると、電話番号を紙で書いて・・となる。

機種アプリ依存でないもっとスマートなやり方は今後出現するかもしれないが、ともかく自分の開示して良い情報をプロフィールに用意しておくことが肝要。フルネームの名前、メールアドレスと携帯電話番号までだろうか。プロフィール写真に私はイラストまでつけている。いわば名刺代わりである。自宅住所や誕生日までは相手との関与レベルを踏まえて開示したい。

Profile