にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

外車持ちはステータスか?

BMW

私は車にはあまり関心がないから、外車への関心も薄いのだが、香川県は外車のシェアが東京圏より多いような気がする。特に、高松中心部にあるマンション居住者の所有する車はベンツやBMWが並んでいるのを見かけることが多い。そういう所でそういう車を所有できる人達だから、当然と言えば当然かもしれない。

その人となりや生活の嗜好が出てきやすい所だから、車のようなパーソナルモビリティの類の所有物は重要かもとこの頃は思い直している。その人が他者からどう見られたいかを物語っているからだ。その外見だけで第1次関門で相手から判断されてしまうかもしれない。もちろん、その先が空っぽでは、第2関門を突破できないだろうし、別の関門もさらに続くだろうが。

ステータスだけのために外車を持つ人もいるだろう。医者はベンツで診療訪問、大企業のエグセクティブはBMWでゴルフ・・というイメージがあるし、私の周辺でも、外車でなくてもそのクラスの車は実際に良く見かける。プレミアム好みでブランドやイメージを重視、(想像なのだが)乗る車の格が相対的にいかに高いかといった金持ち度自慢になるのかも。高いもの所有を競うぐらいならば、節約自慢などするはずはなさそう。高い自動車関税を払うのがやぶさかでないお金持ちの人達の環境は一般人とどのような違いがあるのかなと、私とは無縁ながら日々仕事をしながら考えている。