にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

今年のふるさと納税は6万円

被災地支援を目的に返礼品なしの「ふるさと納税」での寄付金は5億7千万円超らしい。私はそこまでの強い思いに欠けていて、未だ返礼品を目的とした打算的なふるさと納税のレベルにある。そのふるさと納税を今年は例年より早く始めている。既に、8月に浜松市(1万円の寄附)と10月は佐賀県上峰町(1万円)で済ませた。返礼品はそれぞれ鰻、牛切り落とし肉↓(1キログラム)とした。

f:id:Miketoy:20191105193129j:image

それと今月予定の長野県中野市(1万円)ではリンゴ。あと目新しいところで、正月のお節料理↓を(こちらは3万円)、岐阜県美濃市で申請をした。合計で6万円である。

f:id:Miketoy:20191104130950j:image

私の場合、“ストック” となるモノの返礼品は要らない。“フロー” である日々食べるちょっとした珍しいかつ美味しい食料品だけで十分だ。ふるさと納税シミュレーターで、その納税額を決めるが、来年の確定申告を見越した限度額の範囲でしないと予期せぬことが起こる。今年の年収ベースで来年の住民税が算出される。これからの私の場合は老齢基礎年金分の増加で納税額が増えるので、昨年度までの5万円台から7万円弱が適正バランス額と変わるはず。千円単位のレベルでは読めないので、とりあえず6万円のふるさと納税をするとして、2000円分の自己負担は良いとして、全く損失の起こらない範囲で安全圏だ。返礼品のお節料理は楽しみであり、2020年の元旦は、いつもと少し違う正月風景となることだろう。