にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

瀬戸内海の味なツアー

  f:id:Miketoy:20200126182754j:image瀬戸内海の味な日帰りツアーに行ってきた。愛媛県今治市広島県尾道市を結ぶ「来島海峡大橋を歩く!急流観潮船と芸予要塞小島探訪」である。瀬戸内海は知っているようで、東の瀬戸大橋しか知らない。西には来島海峡大橋がある。両方の知ってこそ、瀬戸内海はね・・と語ることができるような気がする。今までも、クルーズ旅でこの橋の下を通過した時とか、飛行機に乗って西から四国に近づいたときに、しばしば似ている瀬戸大橋と来島海峡大橋を見間違えていた。というわけで、適当なツアーがあれば参加したいと数年来の懸案スポットであった。

このツアーはJR四国の企画。参加者は9名。寒いシーズンの1月冬は人々の動きが鈍いとのことだったが、意外と少なく思った。1日ツアーの切符は下記であまり見かけたことはなかったもの。特別企画の時だけ、すなわち数泊とかその地の食事などと一緒にバンドルされるらしい。とてもお得と思える切符のようだが、それ単体では手に入らないとのこと。f:id:Miketoy:20200126184922j:image到着駅の波止浜無人駅。そこにボランティアのガイドがいて、波止浜の古い街並み散策、大橋ウオークなどの案内をしてくれた。基本的には総歩行距離が約12キロのウオーキングと下田水港からの遊覧船の旅。往復を特急列車の自由席を使うパッケージツアーは初めての体験だが、バスツアーとはまた異なった趣があり、参加者間の距離感が遠く、自由旅行の感がある。バスツアーのように煩い買物の時間が少ないのが良いが、逆ににあまり立ち寄れないのも残念でもある。ランチは道の駅の鯛御膳の海の幸でとても美味しかった。f:id:Miketoy:20200126185321j:imageJR四国の旅への参加は今回が最後かもしれないが、魅力的な観光サイトの一つと思うし、お手頃価格の楽しいツアーであった。ビジネス的には1人9980円の参加費、9人参加なので収入は約9万円。ランチ代やタクシー代などのコストなどの他、1人の若い社員がつきっきりなことを考えると日当を払うだけでも大変だ。ツアー開催ギリギリの参加人数であったようだが、JR四国は宣伝がうまくないので、この種のツアーが消えてしまうかも?とするならば残念である。