にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

実家空家の無駄な電気代

義母は老人介護施設に昨年7月中旬より移っていて、半年が経過した。この間の義母の実家は空き家になっている。しかし、その間は家に帰るかもしれないということで、電気代などは支払い続けている。

郵便物は我家に転送しているので、余計なお世話なのだが、電力会社からの料金明細をグラフ化して、近々、その内容を説明に行く予定である。この間の消費電力が上に電気料金が下にしてグラフ化してみたのが下記。参考までにmiketoy家のデータも並べて比較したものである。

f:id:Miketoy:20200201081740j:image

義母家はオール電化にしてあるので、ガス利用はない。7、8月の除湿機フル回転やエアコン時々利用の他には、施設入居後に人の出入りはないはずで、電気代は基本的に冷蔵庫だけの利用と思われる。この電気代の他で別途に、(我家の都市ガスの基本料金に相当する)電気温水器のレンタル料金がある。それが月々1944円、解約しない限り、未来永劫とかかってくる。

人の家の財政事情と言えども、不合理で無駄だと思う。私なら速攻で解約し、電気代はゼロにするだろう。不要な冷蔵庫のものを冷やし続ける理由はないし、入りもしない風呂のためのお湯を沸かし続ける必要もないはずだ(必要な時には、近くの温泉に行けば良い)。

全く他人なら黙って放置するが、今の老人介護施設の費用の捻出だけでも大変であろうから冗費は削るべきと思う。その辺りの収支を娘達は把握できていない。てか、義母は情報開示をしないようだ。アナーキーで秘密主義の家系だからだと私は推測している。でも、それだけでもない。理解力の乏しい人にもわかるように、わかるように現状と今後を説明してあげていないから、ただ継続している側面もある。

今は義母のインターフェイスが私になっているから、今回の機に理を尽くして無駄の排除を呼びかける。説得を試みても、それらが継続し必要だというのなら、当然ながらそのまま継続だ。

こういう不要なところにお金を使う余裕があるのなら、福祉車両を購入するのに充ててよと言いたいが、しかたない。医療費とて同様に思う。それも低廉な費用でだから、不必要なまでの医療にかかり、国の財政を圧迫しているように思える。世の中には、このような無駄遣いをしているご家庭は多くあるのではなかろうか。必要としている適切なところだけに、適当なものが割り当てられるようになれば、世の中はもっとスリムで住みやすい世界になるのになぁといつも思う。

How to make your home a greener place to live