にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

タンス預金をとりに行こうとしたが・・

Royal-Chest

義母との関係で、そちらの構造変革のリストラに取り掛かっている。その一つ、車椅子対応のスロープモデルである Honda Nbox購入がある。方向性の総論としては悪くはないねとなっているので、そのスポンサーに義母を想定していた。

充当できるその現金分はあるはず・・との妻の見立てがある。そこで、今週初め頃に義母の家にある隠し現金を探しに連れて実家に帰り、さらにその帰りに車屋さんに寄り、自動車購入契約のための頭金として、その有り金分を充当しようと目論んだ。

ただ、問題はその場所だ。本人曰く、実家の押入れのとあるところに、現金を封筒に包み、それをさらに別のパッケージにして何カ所にしまってあるらしい。老世代の好きな現金主義、タンス預金である。でも、その隠し場所を忘れてしまっているようだ。探すのに本人は数日かかると言っていた(そんなに広すぎる家でもない)。あるかないかわからない探しものに、そんなに付き合わされては堪らない。私はサポートは、せめて半日に留めて欲しい。

既に何かに引き当てて使ったその現金があったはず・・となるとタチが悪い。自分が目を離した隙に誰かが盗んだという今までのパターンになる。それが、接触の多かった連合いや娘達への(口には出さないのだが)不信ということに至る。私もその手の周囲を著しく不快にする事件は何度も聞いていたから、慎重に接しないと、今度は私にまでとばっちりがくる。今までも、別の関係でその種のことを何度も体験し傷ついてきたこともあるので、そうなると恩を仇で返されたようにさえ映ってしまう。

 

訪問時の最初に「様子はどうですか?」と問いかけると、自分のミスは棚上げで他者に対する許容範囲が狭いことも多いこともあり、周囲批判ばかり聞かされる。先週に該当モデルに試乗した時は、私を含めた他者の善意の申し出に対して、口裏合わせをして下心があるのだろうと疑ってかかる態度も残っていたりする。タンス預金だけではお金も不足するようだということもあって、昨日には今回の福祉車両購入の話はもう流すよと話したら、少し待ってくれとのこと。脈はありそうだが、来週まで様子を見よう。