にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

小腹がすいたとき

小腹がすくという言葉を聞くことがある。香川県民なら、そんな時にうどんを食べるのかもしれない。昨日のランチは、時々訪れる綿谷での肉うどん(小430円)。f:id:Miketoy:20200207162232j:image私は通常の朝昼晩の食事の一環として食べるが、(私はあまり使う言葉ではないが)小腹がすくとのイメージは間食なのだが、得てしてケーキなどの甘いものを食べる場合も多いのではないか。それだと炭水化物やバター、糖質過多で身体に好ましくないのではないのでは?と思っている。

さて、3日日に義母の家の冷蔵庫の整理に行った時に、鯛焼きの冷凍食品がたくさん保存してあった。あずきバーもあった。いかにもあの年代らしいという印象だが、そのような甘い「あん」好きな点では、私と好みが一致する。とは言え、彼女の好きな虎屋の羊羹をお礼にくれるといつもいうのだが、あれは濃厚すぎて私は大嫌いだ。

taiyaki

洋風のケーキやチョコレート、クッキーよりもやはり和風、醤油系の煎餅などよりも上品な甘さのあんが私の好みである。なお、鯛焼きに関しては私は外側の皮はいらない。シュークリームなどでも同様だがアンパンでも饅頭でも同様に中身のあんだけで良い、となるとやはり下品か?(笑)。

ゆであずきは好みだが、大福ならば外側も許すということで、私の昼と夜の食後のいつもの定番だ。間食でなく、規則正しく食事の時間に合わせ食後すぐにデザートとして甘いものや果物を食べる方が望ましいのではないかと思っているが、同じなのかも知れない。