にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

ガラホは優れものだったと後悔

スマホ(rakuten mini)に変えて一週間。今まで使っていたガラホタブレットの組み合わせから脱して、果たして一台で済むか。日常の運用のコツがわかってきたところである。

第1はバッテリ問題。スマホのバッテリー不足は致命的だ。前のガラホのバッテリーは1週間はもったから、常に安心であった。ガラホスマホで出来ることと基本的に同じで、壊れない感もあるし、すぐに電話を使える感もある。外出した時に、被災に遭遇し、建物の下敷きになったりした時に、生死の境目の3日間、連絡とれるか生き延びられるかに直接的に繋がる。ということもあり、連絡機能を維持するためにはガラホは圧倒的に有利だ。

バッテリー容量の少ないスマホを持って、充電のできないところに行かざるを得ない時もある。ライフライン的には、充電専用の機器、すなわちモバイルバッテリーを用意しなくてはならないのだろう。すると、せっかくのコンパクトさが失せてしまうのは残念だ。それなら以前のガラホ継続のままで良かったのかもしれないとすら思う。バッテリーを少しでも長く持たせるという意味では、WiFiテザリングでなくてBluetoothテザリングがより負荷が軽いようだ。今はBluetoothを利用し、コンパクトにするノウハウを蓄えているが、やはり限界はある。モバイルバッテリーは追って用意しようと思う。

第2の問題は、データ使用量制限。私のように地方在住だと、楽天回線はAUパートナー回線となり、5GBまで無料。私のような使い方だと、回線速度は1MBpsで十分なのだが、その送受信データ総量が、この一週間はダウンロードしたり、不要な接続などデータ容量に与える影響、癖がノウハウ不足で早々に5GBを使い切ってしまった。すると電話機能も使えなくなった。インターネットに接続せよとのメッセージが出る。しかしデータは既に使い切ってしまって警告メッセージが出て、肝心な電話が接続できない。制限速度で使えるはずなのだが、現時点で不明。初めて遭遇した本格的なトラブルだ。

第3が、その電話機能。データを使い切っているとなると、電話が機能しないので、これはえらいこっちゃとショップに相談に行こうとした。すると、コロナウイルス対策の休業要請で、向かった昨日から閉店だ。電話機能は、バッテリー以上にライフラインとして致命的で重要と思い知らされた。

f:id:Miketoy:20200418071631j:plain

1〜3の結論としては、ガラホはトラブルも少ないとても優れた機器であって、あらためて見直した。ウェブは使いにくいが、電話とメッセージあるいはPCメール機能、ワンセグがあれば通常は十分だろう。PCメールすら必要はないかもしれない。やはり基本の電話機能、ガラホはその完成度が高いのは歴然だ。

電話番号はナンバーポータビリティで以前の番号を新スマホで使用している。乗換えで残骸となっているガラホシムフリーの端末にしたから、音声のナノシムを入れればケータイ電話機として未だ十分に機能するものだ。もしそうするならば新規の番号を取得すれば生き返る。

一方で、新たなアプリや基本のツールであるウェブやテレビ番組はやはり大きい画面でリラックスして見たいということで、クライアント機器としては今まで同様の iPad mini、そしてWiFiルーターがわりにスマホを使う2台持ちとなる。となると一台にはならず、結果的には今までと変わらないのだが。

スマホでは電話機能とニュース、それ以外はタブレットという使い分けで、もう少し様子を見よう。iPhoneSEの esimでもう少し待ってからにしても良かったかなとも思うが、こちらもまだ出荷前なので実態はよくわからない。少し早すぎたかも?と後悔が残るのだが、一時的な懐古主義に傾く気持ちの揺り戻しかもしれず、そのうち慣れるだろう。