にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

やはり自分自身で払っている

“無料のランチはない” というのは経済学でよく引用される誰かが払っているという意味の言葉だ。同様なことはマンションでも言える。

Central Branch Free Lunch

管理費のことである。私も良くわからなかったのだが、消防点検とか排水口清掃など、これを指定日時は不在などの理由にてパスする入居者も多いが、これは権利を放棄しているということを意味する(下記参照)。f:id:Miketoy:20200625163329j:image

確かに点検してもらうのはスケジュールが合わないという以外にも、室内に業者を自室に入れたりで若干抵抗がある。でも、これらの点検をしておくと安心。料金は既に管理費の中から落とされているのである。義務のように思ったりするのだが、それをして明らかな得をするということはあまりなさそうだが、損をするのは権利を放棄した入居者だけである。出火や漏水などが起こると、とんでもない事態になる。

業者も管理会社もそうだが、管理費の中から一入居者あたりいくらでというように事前に(必要以上の頻度にて?)頂いているから、入居者が自ら権利を放棄してもらうのは作業する側ではそれだけ仕事は楽になるので歓迎である。

無料のランチは誰かが払っている。局所的には他の誰かということもある(少し大きな共同体の他の誰かが払うということもある)が、管理費に組み込まれている自分自身であることに気づかないことも多い。