クリーンでグリーンなリタイア生活

エコピープルでアドラーなリタイア人 Miketoyの75点人生のライフログ

感染防止で外食を一切禁止に

The Sky Bar in Kuala Lumpur with a view of Petronas

ここ香川県でもクラスターが発生。新規感染者は昨日で10人となって雲行きが怪しくなってきた。

新型コロナウイルス、ウイルスが空中に飛び、それが相手に飛びうつるというメカニズム。ただウイルスの発生原因もわからないし、対策方法もわからない。この間、言われることは3蜜対策で基本的に変わりなく、手詰まり状態と言えるのではないか。

末端の市民は情報不足で訳がわからないまま、政府などの威信を持った人達の言われるままに望まれる行動をして(信じざるを得ず)右往左往している。

感染は目耳口からと言われるが、圧倒的に口を通してというのが多いだろう。感染者の濃厚接触者に該当するのは食事を通して連鎖になっているように思える。側から見ると、何でそんな仲間うちと食事ばかりする機会が多いのか?と思う。仕事は仕事だけに限り、会議は食事なし、終えたら寄り道せずに会食などせずに、持ち寄りのお茶を飲んで早く家へ帰れ!と言いたくもなるが。

ともかく、会話をする食事を控えれば、もっと感染者は減るのではないか。そうしていない人にまで迷惑がいくのだからぜひやめて欲しい。

人の欲求を抑えるには形から入るのが一番。リスクを避けたいなら、原因が究明されるまで外食禁止。外食産業は大打撃を受けるだろうが、致し方ない。自宅で食事を作る内食、せめて購入したパッケージを中食で自宅で食べるようにもっと推進したらどうか。

 

一般人の一人として外食もたまにはしたいものだが、飛沫を伴う可能性のある口から入る食事、感染の観点からは控えたい。それもあり、私はこの2月から月に一度のビュッフェの外食は控えているし、外食しようという気持ちも萎えてきている。だから、この間の外食費はゼロのままが続いて経済的でもある。ホテルビュッフェも行かなくなったし、うどん屋も解禁になってはいるがマスクして至近距離で行列をしてまで行こうという気にはなれない。行くとしたら、十分に対策されていると思われる旅先での食事くらいか。