にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

インドに行ってきた

コロナウイルスによる死者7万人越えで世界第3位、過去1週間の死者は7128人と世界最多、9月に入り最も被害が拡大している地域のインドのタージマハルへの旅に行ってきた。でも感染のご心配ご無用。危険はない。

Taj Mahal

というのはzoomによるHISのオンラインツアーでである。昨日に仕事と昼食を終え、一休みしていた1時半頃に、この頃バーチャルオンラインツアーの宣伝を見るようになったなあと思っていたし、一昨日も「自宅で手軽に旅行気分」という新聞記事もあった。その1日前には台湾のオンラインツアーの広告チラシもあったので、どんなものだろう、どれも数千円なので体験するのも悪くないかもと関連したものを探したら、インドの下記ツアーがあったのだ。

上記ツアーは(昨日の申込み時の参加費は1000円?だったと思うが)、当日にも参加可能だということなので、その後すぐに予約を入れ、希望を30分後の2時として、早速申し込んだ。2時を過ぎても、ご案内が来なくて、キャンセルになってしまうかとヤキモキしたが、10分後に次のメールが来た。

f:id:Miketoy:20200911052532j:image

色々と接続のトラブルがあり、2時半に、そして3時に、そして再度ダメで今度は4時でやっとつながった。と言っても、声が双方向できない。最初は、先方の声が聞こえない。iPadをやめ、スマホにしたら今度はこちらの声が届かないとトラブル続き。回線の状況なのか、タブレットだからなのか、なぜか原因がよくわからない。双方向ではないが、向こうの声が聞こえればよしと、小さい画面のままツアーに参加した。実際の同行ツアーは20分余り、でも臨場感はあった。

 

うまく機能するようになれば、これは結構良いシステムかもと思った。だって、今回のように思い立ったら、すぐに行けるもの。バーチャルオンラインツアーとて、インタラクティブだから、結構ライブ感はあるのは意外だった。

料金も低廉だし、パスポートも要らない。足腰が弱ってもネット接続環境さえあれば、行った気分にはなれる。将来性は有るのではないかと思った。

私もまた別の機会に参加してみたい。もう海外旅行は生涯封印かなと思っていたが、もしかしたらリアルで行くことはないかもしれないが、またヨーロッパに再訪できることだろう。