にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

マンション仕事の引継トラブル

今月に高松から引越しをするのだが、大きく4つ気になっていたことがある。義母のフォロー、自宅マンションの措置、スポーツジム、そして最後が今契約社員として従事しているマンション管理の仕事である。

マンション管理員の仕事は、そこそこの常識のある健康な人なら数日で対応できるようになるし、慣れてしまえばとても楽な仕事と私は思っている。

私の場合には転出表明は半年前にしているのだが、こちらは先月の募集により数人の希望者があり、その中から絞られ、月初から採用になった後任がいると聞いた。

随分早くから採用するのだなあと思っていたのだが、それに関連したことで会社との関係で腹の立つことがあった。引き継ぎが何日必要かということである。私に意見を聞かれたことはない。まあそれは良い。現場労働者ならば1日で十分に済むだろう*1

しかし不必要に前からその後任を採用し、あとの教育をお願いできないかという「丸投げ」が来たのだ。20日も引き継ぎ期間は要らないし、そんな密な距離で長く共にするのでは息が詰まり過ぎ。それも今月2日の仕事が終わった時間外に、翌労働日の朝から新人を行かせるからあとよろしく!という急で滅茶苦茶な話。アンガーマネジメントで「強」のレベルのストレスであり、知った時に強く抗議した。

特別に手厚くOJTをしたとしても1週間というところだろう。それの間、何から何までお世話係を現場に押しつけてくる社員(私の上司)に腹が立ってきた。自立した大人ならば、現場での引き継ぎは常識的には1日だ。採用した人(担当社員及び支店長が面接で採用)が、その間で責任を持って法規や心構え、掃除の基本などをきちんとした教育を事務所などで施した後に現場指導にすべき話である。

そもそも採用が早すぎたのだ。別に11月1日付入社である必要はない。実際に私とて、月の後半の半端な時の入社だから、入社日は柔軟なはずである。今回の早期入社はご本人も周囲も、親切でも何でもなく迷惑千番な話。言わばそのミスにより、余計なお世話係の押し付けあいをしている。一応、私の物件を担当してもらうのだから、無下にも断れず、結果的には折衷案で半分弱は引き受けることにしたのだが。

 

臭いモノ扱いされてしまっている言われたままに途中入社して来るその人には全く罪はなく、あるとすれば何も考えていない管理者(会社の担当社員他)にある。気持ちよく引き継ぎをと思っていた私も、こんなことがあると不愉快にならざるを得ない。

Takamatsu

*1:私が以前に派遣会社に勤めていた時は、丁寧に指導してもらった場合でも現場で2時間くらいか、通常はキーの暗証番号を知らされてあとは良きに計らえと、それが引継ぎの場合すらあった。