にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

新任地で単独の仕事

今週初日の仕事は初めての私一人で午前中のマンション仕事を取り仕切る単独デビューであった。この間に指導をしてくれた同僚が休暇をとったためである。マンションは物件によって、建物の特殊性の他、運用方法に大きく相違があり、着任後2週間経過したものの担当物件のそれらにまだ慣れていない。

居住者対応となると未だ情報をほとんど吸収できず情報過多で事細かな話まで理解できない。情報のオーバーフローである。自慢にならないが居住者や業者を紹介されてもすぐ忘れてしまう(笑)。一方で、大規模物件となるとクレーマーが頻出する、この物件でも例外なく何人もいるとのことなので心配していた。それがもとで、1か月で辞めた清掃員もいるという。例えば葬儀の時の適切な対応とか駐車場機器不具合トラブルとなると、たとえ問題はわかったとしても、管理員代行としてどう対応したら良いか見当もつかない(考えてみれば代務の管理員はそれをこなすのであるから器用な話である)。

何とかその日の3件のトランザクションをこなし、ことなきを得たので、今後の自信にもつながったので良かった。マンション管理員は今日のような平和な時は楽な仕事であるが、非日常時に適切な対応をとれないと下手するとクレームにもつながる。多少の緊張感や刺激はボケ防止には良いのかもしれないし、その後は余裕で仕事をテキパキとこなせるようになった気が心もちした。このような単独でこなす仕事をこなす経験は、一人立ちするための避けられない第一歩となるのであろう。

StaND aLoNE -- Saif