にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

かかりつけ医を決めよう

年に1度は定期健康診断に行っている。転居したばかりから、今後の行きつけの医療施設を決めたい。人生での残りの参加できる回数も限られきているし、在宅医療も関係するだろうからできれば かかりつけ医を決めて、そこと健康診断もお付き合いしたいと思っていた。

 

その在宅医療の種類は3つあるようだ。
・訪問診療→ 診療の計画を立て、定期的に患者様のご自宅などに赴いて行う診療

・往診→  突発的な病状の変化等、患者様の要請により予定外にご自宅などに赴いて行う診療

・在宅療養支援診療所→  地域において24時間在宅医療を支える窓口として、他の病院、診療所等と連携を図りつつ、往診、訪問看護等を提供する診療所

 

3月末までに健康診断を終えないといけないので、その候補をいくつか選定した上で、在宅医療の使い分けも良く理解できないので電話をしてみた。結論的には、病院に通うのが困難になった時に、あらためて考えれば良さそうだということであった。

 

健康保険的には年に一度の健康診断は無料。だが、それは年間で344,407円の健康保険料を支払っているその保険料に埋め込まれている。1人1万円の補助として夫婦2人で2万円分に相当、その他の医療費で健保の負担がある。その昨年分の医療費については次回に記そう。

PSUstock-medical-doctor