にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

牛肉は高い!と再認識

Beef

今年は丑年、私の子供の頃の牛との接点は牛乳のみ、乳は飲んでも肉は食するものではなかった。牛肉は得体の知れない思考停止するものの一つで、わけのわからないシロモノであったから、食べたいとも思わなかった。すき焼きは、まずいものだと教わっていて、そう信じさせられて食べたら、やはり不味かった(笑)。豚のバラ肉もそうだ。あの脂身は、質の悪い象徴だと信じていた(笑)から無知は恐い。

しかし最近は野菜だけでなく、肉選びにも関心が出てきた。すると牛肉はどれも値段は高い!ということに気づき、驚きな発見でもあった。豚バラ肉も同様だ。

牛豚鶏、牛が価格的に上位に位置しているのすら良く理解できていなかった。さらに、塊肉、フィレ、ロース、肩、切り落とし、細切れなどの部位でこれまた価格が変わる。国産か海外産でもどの国からの輸入肉かでまた変わる。適した料理にしないと、味が決まらないことも学んだ。

さらに賞味期限直前とかで割引した肉はどこが劣化しているのかを見極めて購入しないとガッカリとなる。素人なら、広告チラシのセールに併せて新鮮な肉を購入する方が良さそうだ。すぐに使う予定のあるものは冷蔵し、すぐに使うかは不明だが近いうちに使いそうなものは冷凍庫に保管しているが、肉に限らないけれど、安くても必要のないものは買わないのが基本だろう。

このところの献立で、昼と夜の食事の主タンパク質源は、牛、豚、鶏、魚と交代でメイン料理をと考えたが、大きく効いてくる鍵となるのが肉の値段。それを考慮すると、4サイクル交代は見直し、牛肉の頻度は下げざるを得ない。豚、鶏、魚、卵・大豆系、豚、鶏、魚、牛と8サイクルで一回と出現頻度を価格に併せて調整すると、月当たり食費は平準化して良いのではと思っているところ。

Sukiyaki