にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

日々の買い物が楽しい

毎日の献立を考えている。朝はワンパターンなものの、昼も夜は毎回新作である。これは楽しい。「きょうの料理」の今月号の最近放映されたもの、多くは旬の食材を使ったものだが、25分の放送番組を見ると、作ろう!という気にさせられるので、その献立の中から選ぶ。作ることになりそうな好みの献立の目星をあらかじめつけておき、それに必要とされる食材をあらかじめ用意する。食品庫や冷蔵庫にある買置き在庫で間に合えばそれでよし。不足する必須食材を買い足さねばならない時は、どの店なら手に入りそうかの選択とともに、品質や経済性も重要だ。

そんなこともあり、家の近くにある4、5のスーパーでの日々の新聞広告での特売セールチラシには注意している。クレジットカードで特定の日に5%割引になる大型 I店は以前と比べると車がなくなったこともあるが激減で、最近では週に2回10%割引券の出る K店、日曜はそこのクレジットカードで5%割引になる M店、行きつけの比較的いつも安い C店が多くなった。底値の出現するサイクルや店毎の特徴もわかってきたので、うまく買い出しができるようになってきたため充実感がある。

食材の賞味期限に追いかけられることは当初はプレッシャーでもあったものの、この頃はゲーム感覚で楽しんでいる。在庫一掃できると達成感もあるし、フードロスは今までも、そしてこれからも無く済みそうである。

ポイントは簡単なこと。1日1回は冷蔵庫などにある死蔵品をチェックする。それを所与のこととして、月の食費予算も意識して翌日以降の献立を考えるという具合である。すぐに消化できなくても、毎日チェックしていれば、そのうちの献立で出現してくるだろう。そのための保管庫なのだから。

何とかうまくこの楽しめる買い物サイクルが回りはじめている気がしたが、日々の買い物が楽しいことにはさらに条件があることに気づいた。自分1人だけの食事だと、やはりいい加減になりがち。なので、一緒に喜んで食べてくれる相方の存在は料理を作る励みにもなるということをあらためて認識したのである。

Brussel Sprouts Salad