にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

クリーンでグリーンな主夫生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

今度は蓄電池でリフォーム

この秋には太陽光発電システム導入後の10年目になるので、刷新を図りたいと思っている。その期待のホープが蓄電池システムだ。昨日はニチコンの工事施工会社に来てもらった。

太陽光パネルはSanyoで現在はパナソニックの商品なので、本当はパナソニックにお願いをと思っていたのだが、その系列のリフォーム会社の支店に相談したのだが、どうも彼等は乗り気でなく感じた。1回目はエレベーター、2回目はこの2月のリフォーム提案。回答はもらったが、こちらの意図をよく理解してもらっていないピントのずれた提案だった。その後に太陽光発電システムだけでもとお願いしたが無しの礫で、再度問い合わせるとコロナ感染し行けなかったという。その後、もう3ヶ月になるし、もう今後のお付き合いはお断りしたい。

 

昨日は現場の良くわかっている施工業者の人が来たので話は早い。今後は “安い時間に電気を使う” タイムシフト的発想から、“太陽光の出ている間に電気を使う” というように発想を変えていかねばならない。考えてみれば、その方が自然な行動様式ではある。

具体的には、給湯は安い深夜電力の時間帯である夜ではなく、太陽光で発電している時に給湯し貯めておくということである。我家は電気は余っている。それをみすみす捨ててしまうのはもったいないことである。

ここで2つのポイントがありそうだ。一つは、停電などでの非常時の自立発電での対応。もう一つは、通常のいわば日々のルーチンとして動く時間帯としてのライフスタイルでのエコな暮らしにおいてのそれ。今後の暮らしはそれに合わせて大きく変わりそうで楽しい。昨日からその思考イメージを練っている。

Solar cell system